吉川民仁

よしかわ・たみひと
YOSHIKAWA, Tamihito

絵画

Painting

油絵学科
Painting

教授

Professor

2018年4月着任
1965年千葉県生まれ
武蔵野美術大学大学院
造形研究科油絵コース修了

研究テーマ:

平面を中心に抽象表現によるアクリル、油彩などを用いた絵画表現の追求及び研究。

'90年から個展を中心とした作品を発表する。抽象表現による絵画の制作を試みている。
'95文化庁芸術インターンシップ研修員。
個展:'90年鎌倉画廊/東京('93・'95・'97年)、'00年鎌倉画廊/鎌倉('03・'06・'09・'12・'14年)、'05年ギャラリー覚/東京、'08年日本橋高島屋美術画廊X/東京('10・'13・'15・'18年)、'11年古美術長野/東京('14・17年)、'17年数寄和/東京。
展覧会:'94年「VOCA展 '94」('96年)、'01年「第20回安田火災財団選抜奨励展」安田火災東郷青児美術館、「Chiba Art Now '01絵画の領域展」佐倉市立美術館、'06年「見ること/作ることの持続−後期モダニズムの美術」展 武蔵野美術大学美術資料図書館、'12年「抽象と形態:何処までも顕れないもの展」DIC川村記念美術館、'16年 コレクション展−出来事「いま、ここ」愛知県美術館など。
パブリックコレクション:愛知県美術館

YOSHIKAWA, Tamihito

Professor


My motive for creating works predominantly derives from the expressions and impressions that can be perceived from within nature. At times, the compositions of my works encompass my memories and recollections. My works are shown in the form of an abstract expression. Although figurative images do not appear in my works, the viewers might recollect some landscape they saw in the past or recall their own nostalgic memories.
Artists have a great degree of freedom to create a work, but freely constructing their own expressions within the space of a work can be quite difficult. You might experience a deadlock or setback during the process of your production. In those difficult times, I hope to support you in gazing upon your inner self and observe the external world, so that you can connect your ideas to your own individual expressions.
2018186_01.jpg

春の香

油彩、キャンバス 182.2×227.4cm
2018年

2018186_02.jpg

森の池

油彩、キャンバス 259.2×182.4cm
2017年 個人蔵
撮影:岡野 圭

2018186_03.jpg

梅雨明け

油彩、キャンバス 194.3×259.3cm
2017年
撮影:富野博則

2018186_04.jpg

Art Paris Art Fair 2017展示風景

galerie taménaga
ブースより出品展示



ページの最初へ