戸田裕介

とだ・ゆうすけ
TODA, Yusuke

彫刻

Sculpture

教授

Professor

2000年4月着任
1962年広島県生まれ
武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻彫刻コース修了
学位:修士(造形)
Royal College of Art, Sculpture School, Post Experience Programme

研究テーマ:

彫刻/石彫、金属造形、屋内外における大型彫刻、複合素材表現。

'91・'01・'15・'19年現代日本彫刻展(UBEビエンナーレ)、'92年東京野外現代彫刻展 東京都知事賞、'94年「空の日」芸術賞、'95-'96年日航財団海外派遣芸術家としてフィレンツェおよびロンドンに滞在、'97年大分アジア彫刻展大賞、'98年神戸須磨離宮公園現代彫刻展優秀賞+東京国立近代美術館賞、'99年しまなみ海道彫刻コンクール大賞、'00年国際交流基金芸術家海外派遣助成、'01年雨引の里と彫刻('03・'06・'08・'11・'13・'15・'19年)、'02年釜山ビエンナーレ(韓国)、'10年「New Heavy—直方で出会う鉄たち」(直方谷尾美術館/福岡県)、'11年 岡本太郎生誕100年記念展「芸術と科学の婚姻 私たちは何処から来て何処へ行くのか」(川崎市岡本太郎美術館)、'13年 ボトルシップ・ラプソディー(東京都調布市)、'16年「生への言祝ぎ」(大分県立美術館)、'17年「長崎鼻 花とアートの岬づくりプロジェクト」(大分県豊後高田市)ほか、アメリカ、イタリア、インド、韓国、ドイツ、ロシアなどで滞在制作。また、'08・'10・'12年本学+スウェーデン王立芸術大学WS(スカンジナビア・ニッポンササカワ財団助成)、'08年本学+ベルリン芸術大学+アテネ国立美術学校WS(ドイツ)ほか国内外でワークショップ・ファシリテーション。



TODA, Yusuke

Professor


TODA Yusuke (born in Hiroshima, Japan, 1962), is well known as a specialist in making large-scale sculptures both indoors and outdoors. He works on mainly stone, steel, stainless steel, and composite material. There is no limit to the materials he might handle, that is in line with his interdisciplinary interest in the world, is rooted in his childhood experiences. His works are on display in seven countries as well as in Japan. The classes are mainly aimed at beginners, provides an environment where students can deeply observe and reflect on the world outside themselves, using basic techniques; Carving, Casting, Modeming, and Assembling by hand. (Dctoral students are accepted.)

Web site: http://todayusuke.com/index.html

2021085_01.jpg

水土(すいど)の門/天地を巡るもの

鉄、真鍮、ウレタン塗料、エポキシ塗料、真鍮箔、金箔
540 (h) ×235×220cm 約1,800kg
(雨引の里と彫刻2013/茨城県桜川市)
2013年 撮影:齋藤さだむ


2021085_02.jpg

Bonfire/Jの幻夢

鉄、FRP、太平洋中心配置世界地図(アメリカ国防総省測量部発行)、鉛、ウレタン塗料
420 (h) ×370×230 cm
(生への言祝ぎ インスタレーション、十二の柱+出会いのパフォーマンス/大分県立美術館)
2016年 撮影:山本糾



2021085_03.jpg

水土の門/天地を巡るものⅡ-stage2

ステンレススティール、黒御影石(ラステンバーグ)
380 (h) ×380×180cm 約6,400kg
(花とアートの岬づくりプロジェクト2016-7/大分県豊後高田市長崎鼻リゾートキャンプ場)
2017年 撮影:竹内康訓
▶︎ドローン撮影動画
▶︎設置風景(2015.8.28 UBEビエンナーレ仮設時)


2021085_04n.jpg

天地を巡るもの/再生考

ステンレススティール、木製廃ボート、FRP、フタル酸塗料
サイズ:500 (h) ×342×108cm
(雨引の里と彫刻2019/茨城県桜川市)
2019年 撮影:齋藤さだむ


2021085_05.jpg

沈黙の花

鉄、ウレタン塗料
600 (h)×190×190 cm
個展「銀の微塵の散らばる空へ fragile-Ⅵ」《人・街・アートre-mix》ボトルシップ・ラプソディー -14の彫刻/インスタレーションの場をめぐって(TAM/東京アートミュージアム/東京都調布市仙川)
2013年 撮影:松本隆
2021085_06.jpg

同左、3階室内テラスから俯瞰
撮影:松本隆



2021085_07.jpg

1972年/庭に埋もれていた瓦礫(がれき)

陶、ステンレススティール
210 (h)×240×230 cm
個展「青らむ天のうつろのなかへ - fragile Ⅶ -」
(プラザギャラリー/東京都調布市仙川)
2017年 撮影:松本隆
2021085_08.jpg

天地を巡るもの/大気循環(Trinity)

ステンレススティール、花崗岩(茨城県桜川市産)
350 (h)×280×270 cm 約7,200kg
第28回UBEビエンナーレ〔現代日本彫刻展〕
/山口県宇部市ときわ公園
2019年 撮影:Y. UEDA
▶︎作品設置風景(2019.10.15)
▶︎AMZモダンダンス「天地を巡るもの」宇部ビエンナーレ2019(2019.10.06)




動画

▶︎NHK「キミなら何つくる?」あっちからみよう!こっちからみよう!
小学生が戸田作品を様々な方向から見たり触ったりしながら友人と語り合い、表現の意図や特徴を感じ取る








ページの最初へ