寺山祐策

てらやま・ゆうさく
TERAYAMA, Yusaku

ヴィジュアルコミュニケーションデザイン、視覚言語

Information Design, Semiotics & Language of Vision

教授

Professor

1991年4月着任
1957年長崎県生まれ
武蔵野美術大学大学院
修士課程修了

研究テーマ:

視覚記号論、視覚情報デザイン、近代グラフィックデザイン史、歴史的記述空間(writing space design)研究。

'92・'96年に米、仏、英国のデザイン研究と教育現場視察。'92年NHK衛星放送による日本初のインタラクティブ・テレビ放送「SIM-TV」へ参加。'97年以降身体と知覚、および人類のコミュニケーション史の捉え直しを目的としたWriting Space Designのカリキュラムを開始する。'08年より本学在外研究員としてクロアチアを拠点としてヨーロッパに1年間滞在。

編著:『ヴィジュアル・コミュニケーション・デザイン・スタディ』視覚伝達デザイン学科研究室、『マルチメディア標準テキストブック』CG-ARTS協会(共著)、『エル・リシツキー 構成者のヴィジョン』武蔵野美術大学出版局、『graphic design 視覚伝達デザイン基礎』武蔵野美術大学出版局(共著)、『世界の表象 オットー・ノイラートとその時代』武蔵野美術大学美術資料図書館図録など。
論文:「フォトモンタージュ:20世紀グラフィズムの源泉」武蔵野美術大学研究紀要No.18、「モードの記号作用」「デザインの記号論試論」同研究紀要No.20/22(共著)、「メタ・デザインの詩学」『武蔵野美術』No.88-96、「近代視覚言語の結節点」『アイデア』314 誠文堂新光社。
シンポジウム・講演:「ライティング・スペース・デザインの教育について」ザグレブ大学、リエカ大学(クロアチア)、「文化産業としてのデザインとデザイン教育」中国汕頭大学、「知覚空間/記述/地図」韓国弘益大学、「デザイン教育の入口と出口」デザイン教育機関国際会議 Icograda、「Ancestor of Graphic Design」韓国国立現代美術館など。
ワークショップ:「新しい知覚の発見/新しいコミュニケーションの発見」名古屋国際デザインセンター、「三都物語」本学、弘益大学、北京中央美術学院、三カ国美術大学の合同ワークショップなど。
デザイン・ワーク:「美術教育のパイオニア:フランツ・チゼック展」こどもの城 '91年、「生誕100年 中谷宇吉郎展」アート・ミュージアム・ギンザ '01年、「エル・リシツキー 構成者のヴィジョン」武蔵野美術大学美術資料図書館 '02年、「文化遺産としてのモダニズム建築 DOCOMOMO100選展」松下電工 汐留ミュージアム '05年、「アントニン&ノエミ・レーモンド展」神奈川県立近代美術館 '07年、「世界の表象 オットー・ノイラートとその時代」武蔵野美術大学美術資料図書館 '07年など。
『大正文学全集』ゆまに書房、『秦地和装本』河出書房新社、『フレーゲ著作集』野本和幸(編)、『ギブソン心理学論集: 直接知覚論の根拠』J・J・ギブソン(著)、『グリーンバーグ批評選集』藤枝晃雄(編)、『意味と他者性』大澤真幸(勁草書房)など。
日本記号学会会員、カメレオン・プロジェクト・メンバー。
左:『エル・リシツキー 構成者のヴィジョン』武蔵野美術大学出版局 2005年 右:『世界の表象 オットー・ノイラートとその時代』武蔵野美術大学美術資料図書館 2007年

左:『エル・リシツキー 構成者のヴィジョン』武蔵野美術大学出版局 2005年
右:『世界の表象 オットー・ノイラートとその時代』武蔵野美術大学美術資料図書館 2007年


「世界の表象 オットー・ノイラートとその時代」展

「世界の表象 オットー・ノイラートとその時代」展

武蔵野美術大学美術資料図書館 会場風景 2007年
「世界の表象 オットー・ノイラートとその時代」展 2
「世界の表象 オットー・ノイラートとその時代」展 3



デザイン教育について

大学とは、学生個々の持つ豊かな感性を育てると同時に歴史を学び、自分の足下から社会や人間をみつめ、コミュニケーションとデザインとは何かについて自分で考え行動できる人間を育てる場所ではないかと考える。故に教育の現場は既存のデザインの再生産の場所ではなく、教員と学生が常に「今と社会」に対峙して、デザインとは何かが絶えず問われるアヴァンギャルドな研究の場所であり、そのことを通して常に新しいデザイン(コミュニケーション)のかたちが模索される実験場でありたいと思う。

物と行為に相即する読書、書物のかたちの探求

物と行為に相即する読書、書物のかたちの探求

「Objects for reading」山本実穂 '04年度卒業制作
記号理論を自分の経験を通して具体的に再構成する試み

記号理論を自分の経験を通して具体的に再構成する試み

「かたちと意味の装置」三上悠里 '07年度卒業制作
マンセルとオストワルト両システムを統合した色彩表示法の試み

マンセルとオストワルト両システムを統合した色彩表示法の試み

「Color」石川修平
 '03年度卒業制作


触覚と視覚による新しい絵本のかたちの探求

触覚と視覚による新しい絵本のかたちの探求

「こいぬとせかい〜さわる絵本〜」斉藤真紀 '05年度卒業制作
身体行為から導き出される新たな視覚デバイスの探求

身体行為から導き出される新たな視覚デバイスの探求

「Picture Planet」猪股あき
 '05年度卒業制作
インターネットが可能にした新しい読書と編集のかたち

インターネットが可能にした新しい読書と編集のかたち

「Privae & Public system MKⅡ」
加藤貴司 '04年度卒業制作


比喩を起点にヴィジブルランゲージを読み解く新しい視覚辞書

比喩を起点にヴィジブルランゲージを読み解く新しい視覚辞書

「ビジュアル比喩辞典」松田剛 '05年度卒業制作
日常に潜むささやかな視覚のユーモアの発見

日常に潜むささやかな視覚のユーモアの発見

「Uneventful wonderful」堤裕紀 '06年度卒業制作


プロペラを用いた新たな視覚デバイスの実験
プロペラを用いた新たな視覚デバイスの実験

プロペラを用いた新たな視覚デバイスの実験

「Revolving Screen Project」
後藤映則 '05年度卒業制作

ページの最初へ