高山穣

たかやま・じょう
TAKAYAMA, Joe

コンピュータグラフィックス

Computer Graphics

准教授

Associate Professor

2014年4月着任
1976年大阪府生まれ
九州大学大学院芸術工学府
博士後期課程修了

研究テーマ:

手続型コンピュータグラフィックスによる造形表現。


SIGGRAPH2003 Art Gallery,
SIGGRAPH2004 Animation Theater,
SIGGRAPH2004 Art Gallery,
SIGGRAPH2005 Sketches,
SIGGRAPH2005 Art Gallery,
SIGGRAPH Asia 2008 Animation Theater,
アルスエレクトロニカ2004 Honorary mention,
アルスエレクトロニカ2009 Animation Festival,
EuroGraphics2006 Animation Showcase,
アジアデジタルアート大賞展'03年ノンインタラクティブアート部門大賞、同'02年同部門優秀賞、同'05年静止画部門優秀賞、同'06年度動画部門優秀賞、同'08年度動画部門優秀賞、同'13年度静止画部門入賞、ほか国内外の受賞・入選等多数。
助成研究:平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度(米国)、平成20年度ポーラ美術振興財団在外研修助成(米国)。

TAKAYAMA, Joe

Associate Professor


Joe Takayama started his career as a CGI artist/researcher when he was an undergraduate student at Musashino Art University. After graduation, he went on to the Graduate School of Design at Kyushu University (formerly known as Kyushu Institute of Design). After finishing his Ph.D., he moved to the U.S. as a visiting scholar on the Arts & Technology Program, University of Texas at Dallas. Following his return to Japan, he was a research fellow at Kyushu University and a lecturer at Kyushu Sangyo University. His research interests in the field of CGI include procedural animation and algorithmic art. Some of his animation works have won prizes and have been screened at a range of film festivals and conferences, including SIGGRAPH, Ars Electronica, and Eurographics.
手続記述型CGによる造形表現
コンピュータグラフィックス(以下CG)におけるパイオニア的存在であるアイヴァン・サザランドが1966年に発表した論文「Ten Unsolved Problems in Computer Graphics(CGにおける10の未解決問題)」から半世紀近くを経た現在、同論文で指摘された課題はほぼ全て解決され、CGの表現力は飛躍的に高まった。しかし、あらゆる諸相が極めて写実的にCGとして表現できるようなった現在においても、なおも未開拓の領域が存在しており、特に手続記述(Procedural)によるCG表現の可能性は未知数であると考える。手続記述とは、表現したい対象物の生成規則をプログラミング言語や数式を用いて論理的に表現(アルゴリズム化)するものであり、一般的なCG制作ツールであるソフトウェアやデジタイザ、モーションキャプチャシステムを使用する明示的な表現技法とはその発想が大きく異なっている。手続型のCG表現はこれまで自然物や自然現象に用いられることが多かったが、近年では人工物への応用例も多く見られるようになった。しかし、未だ人間の感性に基づく造形美術の世界を手続化することは困難を極め、その研究の成功例も数少ない。このような状況の中、日本のCG黎明期に重要な役割を果たし、私の恩師でもあった元デザイン情報学科教授の故・大平智弘は私に「美は論理で記述できるかどうか、手続型CGを通じて追及しなさい。」と語っており、それが私の生涯の研究テーマともなっている。人間の感性に基づく美意識をアルゴリズムとして外在化することは手続型CGにおける究極のテーマであり、その実現にはあらゆる分野を横断する研究が必要であると予測される。私はこのような課題に対して様々な側面から学際的アプローチで取り組んでいる。

168_01.jpgのサムネール画像

GENERA

CG静止画(自作プログラム)
297mm×420mm×8点(組作品)2005年

168_02.jpg

Orb

CG映像(自作プログラム)2分30秒 2009年
168_03.jpg


168_04.jpg

MICROCOSM

CG映像(自作プログラム)2分59秒 2004年
168_05.jpg


168_06.jpg

SOLAR WIND

CG映像(自作プログラム)2分59秒 2003年
168_07.jpg


研究プロジェクト事例:古典的装飾文様の手続的表現に関する研究
芸術家自身の感性に基づいた作品制作が多いファインアートとは異なり、装飾美術は文化・歴史・宗教など様々な背景に基づき社会的に発展してきたものが多い。古典的な装飾様式には数理的なルールが明確であるものも多く、そのルールをアルゴリズムとして実装することで手続的なCGとして表現できる可能性が高い。このような観点から、本プロジェクトではいくつかの装飾様式を数理化することを目的としている。現時点においてはゴシック様式のトレーサリーに着目し、ゴシック様式特有の尖塔アーチに展開される装飾を自動生成させるアルゴリズムを開発した。また、得られた形状は3Dプリンタを使用して実体物として出力する試みも行っている。本研究は、近代以降において合理化を一つの要因として排除されることの多かった装飾が、今日の技術によって容易に大量生産できる可能性を秘めていると考えており、設計・生産という観点も考慮に入れた研究を進めている。

168_08.jpg

手続的に生成されたゴシック様式のトレーサリー


競争的資金の獲得状況
  1. 科研費「手続記述法による古典的装飾文様のCG表現に関する研究」
    課題番号22700105、若手研究(B)、平成22年度~23年度
  2. 科研費「デジタルファブリケーションを応用した古典的装飾文様の手続的生成と出力に関する研究」
    課題番号24700106、若手研究(B)、平成24年度~25年度
  3. 科研費「手続型モデリングと3Dプリンタを併用した装飾部材の設計支援とその応用に関する研究」
    課題番号26350030、基盤研究(C)、平成26年度~28年度

産業財産権(特許)
  1. [米国特許] Joe Takayama, “Metaball drawing system, metaball drawing method, and memory medium storing metaball drawing program”, The U.S. Patent number: 7605811, 2009.
  2. [国内特許] 高山穣「描画方法及びその装置」特許第4585298号、2010年。

主な学術論文・国際会議(全て査読あり)
  1. Joe Takayama, Tomohiro Ohira, Etsuo Genda, “A Study on Generating Animation using Markov Chain”, International Journal of Asia Digital Art and Design vol.2, pp.55-60, 2005.
  2. Joe Takayama, Etsuo Genda, “Artworks Using Metaball Representation with Stepwise Approach”, SIGGRAPH2005 Sketches, SIGGRAPH2005 Full Conference DVD-ROM, 2005.
  3. Joe Takayama, Etsuo Genda, “Procedural Image Generation Using Peristaltic Movement”, International Journal of Asia Digital Art and Design vol.5, pp.57-62, 2006.
  4. Joe Takayama, “Procedural Generation of Ornate Medallions by using Metaballs”, International Journal of Asia Digital Art and Design vol.14, pp.25-30, 2011.
  5. Joe Takayama, “Computer-generated Gothic Tracery with a Motif-oriented Approach”, IASDR2013 Proceedings, 2013.

ページの最初へ