高橋晶子

たかはし・あきこ
TAKAHASHI, Akiko

建築デザイン

Architectural Design

教授

Professor

2004年4月着任
1958年静岡県生まれ
東京工業大学理工学研究科
博士後期課程中退

研究テーマ:

研究テーマ:現代建築の空間構成(環境および機能との関係性)。

主な作品:高知県立坂本龍馬記念館、横浜市仲町台地区センター、岐阜県営住宅ハイタウン北方高橋棟、大沢野町健康福祉センター、佐川町立桜座、麻布大学獣医臨床センター、横浜市磯子地域ケアセンター、野毛山動物園ふれあいコーナー、横浜トリエンナーレ2005会場構成、東雲キャナルコート5街区、横須賀市健康科学センター、深見の住宅、地域資源活用総合交流促進施設など。
個展・グループ展:'01年「日本・EU建築の新潮流」ロッテルダムほか、'02年「45 under 45 young Architecture-Japan」ウィーンほか、'06年「ニッポンのデザイナー展」など。
日本建築家協会新人賞、グッドデザイン賞、中部建築賞、商環境デザイン賞、建設業協会賞など受賞。
グッドデザイン賞審査員、横浜市都市美対策審議会委員、小金井市都市計画審議会委員、神奈川建築コンクール審査員、日本建築家協会神奈川地域会副代表ほか。

http://www.wstn-arch.com
http://www.arc.musabi.ac.jp/s_takahashi.html

TAKAHASHI, Akiko

Professor


While teaching at the university, Akiko Takahashi also practices design at an architectural design office called Workstation, which she jointly manages. In addition to individual homes and condominium buildings, she is also involved in the design of community centers and other public facilities, art exhibition venue plans, zoo playgrounds, schools and research facilities, and local revitalization projects. Awards she has received include the annual architectural design commendation of the Architectural Institute of Japan, for the Ashikita Community Hall in 2011. In her designs, she tries to be conscious of architecture that takes advantage of local characteristics such as climate, natural features, industry, and scenery to create something new that feels like it has been there all along, spaces that bring people’s activities to life, and buildings that apply the five senses to light and wind. Her main research themes are the boundary between public and private space and the history of modern Japanese architecture.
地域資源活用総合交流促進施設館

地域資源活用総合交流促進施設館

熊本県芦北町 2009年

深見の住宅

深見の住宅

神奈川県大和市 2007年


野毛山動物園ふれあいコーナー

野毛山動物園ふれあいコーナー

神奈川県横浜市 2002年
ページの最初へ