高浜利也

たかはま・としや
TAKAHAMA, Toshiya

版画

Printmaking

教授

Professor

2011年4月着任
1966年兵庫県生まれ
武蔵野美術大学大学院
造形研究科版画コース修了

研究テーマ:

版画、インスタレーション等による複合表現。

'98-'00年、'05-'06年、国際交流基金・ポーラ美術振興財団・APIフェローシップの助成によりバンコクに滞在。当初は抽象形態によるモノクロームの大型銅版画を制作していたが、国内外でのワークショップやアーティストインレジデンス参加を経て、関心は美術のみならず建築や都市、社会へと拡がっている。その実践として、'06年越後妻有アートトリエンナーレにおいて井出創太郎とのユニット制作で「小出の家」を制作。現在もサイトスペシフィックな活動を継続し、各地で可視化された風景やエピソードをテーマに銅版画の連作を制作している。
主な展覧会:'96年「現代東京版画事情―伝統と逸脱」(町田国際版画美術館・東京)、'97年「版/写すこと/の試み」(富山県立近代美術館・富山)、'99年「Grandchildren of HOKUSAI」(Grafikens Hus・スウェーデン)、'01年「VOCA2001」奨励賞(上野の森美術館・東京)、'05年「銅版画の地平Ⅲ」(ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション・東京)、'08〜現在「落石計画」(旧落石無線送信局・北海道)、'11年個展「Railway」(ギャラリーなつか・東京)。

TAKAHAMA, Toshiya

Professor


I stayed in Bangkok from 1998 to 2000 and 2005 to 2006 on grants from the Japan Foundation, the Pola Art Foundation, and the Nippon Foundation Asian Public Intellectual Fellowship. At first I produced large monochrome copperplate prints with abstract shapes, but after participating in workshops and artist-in-residence programs in Japan and overseas my interests broadened to encompass not only art but also architecture, cities, and society. Manifesting this wider vision, at the 2006 Echigo-Tsumari Art Triennial I produced “House in Koide” in collaboration with Sotaro Ide. Today I continue such site-specific activities and produce series of copperplate prints based on scenery and episodes seen around the country.
Railway 展示風景

Railway 展示風景

ギャラリーなつか・東京 2011年


落石計画

落石計画

井出創太郎+高浜利也によるユニット制作
石膏キューブ(銅版画)、木質パネル、銅 H300×W280×D280cm
旧落石無線送信局・北海道 2008年〜現在進行中



Community on the move/妻有・長久手・矢田・上野

Community on the move/妻有・長久手・矢田・上野

etching, aquatint H126.5×W111.5cm ed.15 2008年

ページの最初へ