春原史寛

すのはら・ふみひろ
SUNOHARA, Fumihiro

近現代日本美術史、ミュゼオロジー、美術教育

History of Modern Japanese Art, Museology, Art Education

准教授

Associate Professor

2018年9月着任
1978年長野県生まれ
筑波大学大学院博士後期課程
人間総合科学研究科芸術専攻修了
博士(芸術学)

研究テーマ:

芸術家・岡本太郎研究、近現代日本における美術受容史、美術鑑賞教育、アートとポップ・カルチャーの架橋。

筑波大学卒業後、'01年から'06年まで財団法人大川美術館(群馬県桐生市)学芸員として、画家・松本竣介を中心とした近代日本美術史の調査研究と13の企画展運営に関わる。
その後筑波大学大学院博士前期課程修了、'09年から'11年まで山梨県立美術館学芸員として、日本画・工芸の調査研究、担当展「小林一三の世界展―逸翁美術館の名品を中心に」「浅川伯教・巧兄弟の心と眼―朝鮮時代の美」などの企画運営や教育普及事業に関わる。
'12年山梨県立博物館学芸員として日本中世・近世絵画・彫刻の調査研究、世界文化遺産登録を控えた富士山の民俗調査などに関わる。
'13年から'18年8月まで群馬大学教育学部美術教育講座准教授として図画工作科・美術科における美術史やミュージアムの活用、美術鑑賞教育などの研究を行い、美術館と連携したワークショップ、市民向けアート・マネージメント講座やアーティスト・イン・スクール事業のマネージメントに関わる。
'16年に博士論文「岡本太郎研究―戦後日本美術の受容と芸術家イメージ」(筑波大学)によって博士(芸術学)の学位取得。
'18年にはアーツ前橋(群馬県前橋市)企画展「岡本太郎と『今日の芸術』―絵はすべての人の創るもの」に企画協力(企画提供)。

近現代日本における美術の受容と「芸術家」イメージ―岡本太郎研究を中心に

美術の受容に注目し、戦後日本の社会において、人々が美術にどのような意義や役割を期待し、芸術家にはどのようなイメージを抱いてきたのか。特に、美術の専門家や愛好者ではない一般の人々が発する「美術はわからない」という素朴な疑問の言葉は、何を期待しているもので、その言説はどのような変遷をたどっているのか。さらに、そこに美術教育やミュージアムはどのようにかかわってきたのかについて、研究している。
特に、具体的な芸術家として岡本太郎(1911-96年)を取り上げ、社会と(アヴァンギャルド)芸術を結び付けることを自らの役割と自認して、作品制作(平面、立体、陶、書)、デザイン(プロダクト、建築)、パフォーマンス、著述、日本の伝統探求、メディアへの出演など、アートと人々のあらゆる接点の可能性を探ったその芸術と生涯に注目して、岡本が作り上げようとした戦後日本の新たな自由に基づくアートのイメージと役割について考察している。
教育においては、この研究の成果を踏まえて、芸術と社会をつないで、アートと生活が同一化されるほどの状況に至るために必要な物事や環境について、学生とともに考えている。
  • 「岡本太郎《太陽の塔》の保存をめぐって」、眞保亨先生古稀記念論文集編集委員会編『芸術学の視座 眞保亨先生古稀記念論文集』勉誠出版、2002年6月
  • 「岡本太郎《太陽の塔》の研究」『藝叢』18号、2002年3月
  • 「岡本太郎《太陽の塔》をめぐる言説―その受容と評価、日本万国博覧会と美術・建築・デザイン」『藝叢』24号、2008年3月
  • 「岡本太郎「縄文土器論」の背景とその評価―戦後日本の「美術」と「縄文」をめぐる動向についての一考察」『藝叢』25号、2009年3月
  • 「岡本太郎『今日の芸術』(1954年)とその読者―美術書出版による専門家からの美術の解放」『藝叢』29号、2014年3月
  • 「岡本太郎と美術教育に関する一考察―『今日の芸術』(1954年)と創造美育運動に注目して―」『美術教育学研究』47号、2015年3月
  • 「岡本太郎の「協力者」岡本敏子」『美術運動史研究会ニュース』150号、2015年8月
  • 「岡本太郎の評価と岡本一平・かの子の社会における受容の関連についての一考察」『芸術学研究』20号、2015年11月
  • 「岡本太郎の伝統論の展開とその受容―『日本の伝統』『日本再発見』『沖縄文化論』『神秘日本』に注目して―」『群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編』51号、2016年2月
  • “Experimental Tea Ceremony” by Taro Okamoto in 1955: An Attempt to Unify Life and Art, Japan-Taiwan Art History Graduate Students’Symposium 2011-2015 Selected Papers (Doctoriak Program in Art & Design, Master’s Degree Program in Art & Design, Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba), March 2016.
  • 「戦後日本における美術の難解性・有用性をめぐる言説の史的変遷と美術教育の関連に関する一考察」『第40回美術科教育学会滋賀大会 研究発表概要集』2018年3月
  • 「岡本太郎の活動の転換点としての『今日の芸術』とその成立をめぐる力学」「第1章「なぜ、芸術があるのか」解題」「[岡本太郎のパブリックアート]《太陽の鐘》の誕生と群馬県前橋市における再生ドキュメント」、アーツ前橋編『岡本太郎と『今日の芸術』 絵はすべての人の創るもの』現代企画室、2018年10月

ジャンルを超越するミュージアムの活用と美術教育、アート・マネージメント

美術、歴史・民俗、自然史などの様々なジャンルのミュージアムについて、サイエンスとアートの協同などにより、アートによって新たな視点を持ち込み、他領域の資料をつなぐことで、新たな価値を創造することを試みている。あわせて、ミュージアムを活用した教育が、学校の一斉・同一内容教育に多様性を回復し、教科の超越する可能性と意義や、博物館学芸員の養成と学校教育の関係などについても研究している。
それらの研究の成果によって、本学の授業では学生とともに、モノが内部や背後に持つ多ジャンルの情報であるコトに注目してミュージアムを考えたり、キュレーターの手法や思考、視点をミュージアム外のアート・マネージメントやアート・プロジェクト、あるいは美術鑑賞教育に導入することで、それぞれの場を活性化・多様化させる方法を検討している。
  • 「「浅川兄弟の生涯」補遺―芸術家・浅川伯教と教育・文学・キリスト教―」『山梨県立美術館 研究紀要』26・27号、2013年3月
  • 春原史寛・喜多村徹雄・茂木一司・宮川紗織・深須砂里・西村圭吾・飯島渉・中平千尋「Gの杜プロジェクト「かこ・いま・みらい」(1)―美術館と大学との連携において学生は何を学んだのか―」『群馬大学教育実践研究』32号、2015年3月
  • 春原史寛・喜多村徹雄・茂木一司・宮川紗織・深須砂里・相良浩「Gの杜プロジェクト「かこ・いま・みらい」(2)―美術館と大学の連携はどのような成果を生んだのか―」『群馬大学教育実践研究』33号、2016年3月
  • 「画家・近藤嘉男による子ども向け絵画教室「ラボンヌ」―戦後の前橋における民間による美術教育についての一考察―」『群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編』52号、2017年2月
  • The Potentiality of Art Education Using the Diversities of Tradition: The Creation of a “New Tradition” by Artist Taro Okamoto, Proceedings from 2017 InSEA World Congress Daegu, October 2017.
  • 春原史寛・茂木一司・手塚千尋・木村祐子・小田久美子・宮川紗織・茂木克浩・高木蕗子「「まえばし未来アトリエ」における学びの成果と課題 ―アーツ前橋・群馬大学連携による人材育成事業の意義―」『群馬大学教育実践研究』34号、2017年3月
  • 「教員養成課程における博物館学芸員資格取得と教科教育の関連についての一考察―博物館と図工・美術・理科・社会をつなぐ―」『群馬大学教科教育学研究』16号、2017年3月
  • 「群馬県立自然史博物館と群馬大学教育学部の連携による博物館学授業実施の意義」『ぐんまの自然の「いま」を伝える報告会2017要旨集』2018年1月
  • 「〔若い教師を育てるワンポイントアドバイス 教科教育Q&A〕鑑賞題材によって自分の自由な見方を作り上げるための図画工作科・美術科授業の前提を考える」『群馬大学教育実践年報』7号、2018年3月
  • 「中島佑太×前橋市立桃川小学校 図画工作科授業へのアーティスト参加・支援プログラム」「関係者の声 まえばしプロジェクト/群馬大学・春原史寛」『アーツ前橋 平成29年度アーティスト・イン・スクール 事業報告書』2018年3月

アートの内側と外側をつなぐ―身近な表現・文化とポップカルチャー

アートの枠の外に位置付けられているものの、子どもたちや一般の人々にとって「表現」としてはごく身近なイラストや落書き、アニメ・マンガ・ゲーム、あるいはSNSにアップされている写真などと、現代のアートがどのように結び付く可能性があるのか、そのつながりによって人々が多様なアートに自発的に親しむことをできないか、アートの内側と外側を、ポップカルチャーによってつなぐ方法を研究している。
また、教育においても学生が消費行為によって長らく親しみ続けてきた表現であるポップカルチャーと、鑑賞される対象である現代アートの先端的な表現が、どのように類似していていかに異なるのか、その両者の架橋を意識した授業を行っている。
  • 「ポートレート写真撮影実習による美術理論と実技の融合についての試論―図画工作科・美術科授業における写真作品撮影プロセス活用のための一考察―」『群馬大学教育学部紀要 芸術・技術・体育・生活科学編 』53号、2018年1月
  • 「美術史授業における理論・鑑賞と実技・表現の往還を目的 とした「公的な落書き」とシュルレアリスム理論の学修―教員養成学部での実践と小学校図画工作科・中学校美術科への展開の可能性―」『群馬大学教育実践研究』35号、2018年1月
  • 「「わかりやすい」サブカルチャーの消費と「わからない」アートの鑑賞―学校外に位置付けられたアニメ・マンガ・ゲームの文化的体験と学校内の美術教育を架橋する」、日本教育大学協会全国美術部門関東地区会『美術教育の理論と実践』編集委員会編『美術教育の理論と実践』BookWay、2018年6月

主な担当展覧会

  • 「描かざる幻の画家 島崎蓊助遺作展」展(大川美術館、2002年)担当学芸員
  • 「静謐の競演 駒井哲郎・清宮質文 二人展」(大川美術館、2002年)担当学芸員
  • 「ピカソを継ぐ者 アントニ・クラベ『ガルガンチュア物語』」展(大川美術館、2003年)担当学芸員
  • 「画家の動と静 鶴岡政男と松本竣介」展(大川美術館、2003年)担当学芸員
  • 「ヒューマニズムの画家 ベン・シャーン展」(大川美術館、2004年)担当学芸員
  • 「池田良二 地層への回帰」展(大川美術館、2004年)担当学芸員
  • 「漂泊の中にみつけた美 村上肥出夫と放浪の画家たち」展(大川美術館、2004年)担当学芸員
  • 「ある日本近代洋画へのまなざし Y氏コレクション展」(大川美術館、2005年)担当学芸員
  • 「織都・桐生に生きた抽象画家 オノサト・トシノブ」展(大川美術館、2005年)担当学芸員
  • 「マルク・シャガール展 シェークスピア「テンペスト」挿絵版画を中心に」展(大川美術館、2005年)担当学芸員
  • 「ポエジーと抒情 恩地孝四郎をめぐる人々」展(大川美術館、2005年)担当学芸員
  • 「A氏コレクションより―山口長男・脇田和」展(大川美術館、2006年)担当学芸員
  • 「地域文化芸術振興プラン推進事業・ミュージアム甲斐ネットワーク事業 やまなしの美術館大全」展(山梨県立美術館、2009年)担当学芸員
  • 「小林一三の世界展 逸翁美術館の名品を中心に」(山梨県立美術館、2010年)担当学芸員
  • 「浅川伯教・巧兄弟の心と眼―朝鮮時代の美」展(大阪市立東洋陶磁美術館・千葉市美術館・山梨県立美術館・栃木県立美術館、2011-12年)担当学芸員
  • まえばしアートスクール計画「わたしのアートエデュケーション展」(広瀬川美術館、2016年)企画運営
  • まえばしアートスクール計画「とがび展@まえばし未来アトリエ」(広瀬川美術館、2016年)企画運営
  • まえばしインクルーシブ美術教育研究会「中学校美術教育の新しい挑戦展―内と外をつなげる3つの実践からみえるもの―」(広瀬川美術館、2017年)企画運営
  • 群馬大学教育学部美術教育講座・群馬大学長期研修院美術教育「群馬大学美術教育展 図工美術教師は何を学べばいいのか?」(広瀬川美術館、2018年)企画運営
  • 「岡本太郎と『今日の芸術』 絵はすべての人の創るもの」展(アーツ前橋、2018-19年)企画協力(企画構成)
ページの最初へ