重政啓治

しげまさ・けいじ
SHIGEMASA, Keiji

日本画

Japanese Painting

油絵学科

教授

Professor

2001年4月着任
1953年山口県生まれ
東京藝術大学大学院修了

研究テーマ:

日本画素材による絵画制作。

文化庁芸術家国内研修員として「日本画の材料と技法」について研修。文化庁芸術家在外研修員としてウィーン美術アカデミーのProf.A.レームデン教室で学ぶ。
「創画展」をはじめ「蒼粒展」「星粒展」「日本画の現在/展」「New Voice 現代日本画展」「日本画の形象展」「DOMANI・明日展」「創画会60年展」「旅展」などに出品。
サロン・ド・プランタン賞、創画会賞受賞。
創画会会員、日本美術家連盟会員。

SHIGEMASA, Keiji

Professor


Heir to the traditional techniques and styles of Eastern painting, repeatedly absorbing influences from various regions, Japanese painting created the world of nihonga (Japanese-style painting) using materials and ingredients rooted in the climate and natural environment of Japan. In the expression of my own work, I believe adhering to the use of the nihongatools developed over the course of this history leads to expressions that are tied to Japanese culture. Accordingly, I emphasize not only the painting but also the supporting materials, pursuing the potential for expression usingnihonga tools. Furthermore, in terms of subject matter, I employ the motif of regional Japan, particularly the traditional landscape in which I was raised.
2013055_01.jpg

草の間—い

紙本彩色 181.8×227.3cm 2009年10月制作(第36回創画展出品作)


2013055_02.jpg

稲作の跡

紙本彩色 162×130.3cm 2010年10月制作(第37回創画展出品作)


2013055_03.jpg

稲作まえ

紙本彩色 130.3×89cm 2012年2月制作(第38回春季創画展出品作)


2013055_04.jpg

稲山

紙本彩色 227.3×181.8cm 2012年10月制作(第39回創画展出品作)

ページの最初へ