柴田文江

しばた・ふみえ
SHIBATA, Fumie

インダストリアルデザイン、プロダクトデザイン

Industrial Design, Product Design

教授

Professor

2014年4月着任
1965年山梨県生まれ
武蔵野美術大学
工芸工業デザイン学科

研究テーマ:

人の暮らしに関わるプロダクトの在り方と身体性を反映した造形の研究。
製造における工業的手法の研究。


武蔵野美術大学を卒業後、東芝デザインセンターを経て、'94年Design Studio Sを設立。エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。
代表的な作品に、無印良品「体にフィットするソファ」/オムロン「けんおんくん」/カプセルホテル「9h(ナインアワーズ)」/JR東日本ウォータービジネス「次世代自販機」/庖丁「庖丁工房タダフサ」/木のおもちゃ「buchi」などがある。
毎日デザイン賞/グッドデザイン賞金賞/ドイツiFデザイン賞金賞/ドイツred dot design award賞など多数受賞。著書「あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ」(ADP)。

http://www.design-ss.com/

SHIBATA, Fumie

Professor


After graduating from Musashino Art University, Fumie Shibata established her own design studio, Design Studio S, in 1994. With a strong focus on industrial design, she is active in a wide range of areas, from designing electronics and healthcare products to acting as creative director for a hotel.
Her works have received tremendous acclaim worldwide, winning numerous awards, including the Mainichi Design Award, the Good Design Gold Award, the JCD Grand Award, the iF Gold Award, the DFA Grand Award, Gold Award, and Special Award for Culture, and the red dot design award. She has also published the monograph “Forms within Forms”.
166_01.jpg

オムロン 電子体温計 けんおんくん

2013年


166_02.jpg

庖丁工房タダフサ 庖丁

2012年
撮影:Takumi Ota


166_03.jpg

無印良品 体にフィットするソファ

2003年
166_08.jpg

木のおもちゃ buchi

2012年
166_04.jpg

JINS SPORTS

2013年



166_05.jpg

JR東日本ウォータービジネス 次世代自販機

2010年
撮影:Nacasa & Partners



166_06.jpg

166_07.jpg

カプセルホテル9h(ナインアワーズ)

2009年
撮影:Nacasa & Partners





ページの最初へ