小野皓一

おの・こういち
ONO, Koichi

絵画、ミクストメディア、立体造形

Contemporary Art

油絵学科

教授

Professor

2009年4月着任
1946年宮城県生まれ
国立ベルリン美術大学絵画科卒業
(現在・ベルリン芸術大学)

研究テーマ:

絵画平面の成立メカニズムの構造の探求。

'70年武蔵野美術大学造形学部美術科油絵専攻卒業後、渡独し国立ベルリン美術大学に進む。同校を卒業後作家活動を続け、ベルリンを中心に作品を発表。'84年に帰国。
主な個展:ケルン日本文化会館 '74年、ガレリー・フォルカー・スクリマ '76年(ベルリン)、ガレリー・フリードリッヒシュトラッセ '80年(ベルリン)、ガレリー・ジアノッツォ '81年(ベルリン)、ガレリー・ヴェヴェルカ '82・'84年(ベルリン)等。
主な展覧会参加:ヤング・アート・フォーラム '81年(ヴォルフスブルグ市立美術館、デュッセルドルフ市立美術館、キール市アートホール)、カール・ホーファー協会奨学生展 '81年(ベルリン)、在ベルリン外国人作家展 '82年(ベルリン)、シュトッフヴェクセルK18展 '82年(カッセル)、自然―象徴―空間・在ドイツ日本人彫刻家展 '83年(デュッセルドルフ)、As Time Goes By – Kunstwerke über Zeit '09年(ベルリン州立美術館)等。
日本での主な個展:石巻文化センター '89年(石巻市)、秋山画廊'85・'87・'88・'91・'94・'98・'99・'01年(東京)、鎌倉画廊 '90年(東京)、宮城県美術館・東北の現代作家展Vol. 2 '96年(宮城県)、タマダプロジェクトコーポレーション '04年(東京)等。
主な展覧会参加:'88那須彫刻シンポジウム(栃木)、神奈川アート・アニュアル '93(神奈川県民ホールギャラリー)、色の博物誌・白と黒―静かな光の余韻 '98年(目黒区美術館)、開館25周年記念展・コレクションの四半世紀 '06年(宮城県美術館)等。
パブリックコレクション:新ベルリン芸術協会、ヴォルフスブルグ市立美術館、ベルリン州立美術館、ベルリン市シャルロッテンブルグ区芸術課、石巻文化センター、宮城県美術館。

ONO, Koichi

Professor


The theme of my work is the research on Time, Material and Consciousness, and mutual act of these factors, also the formation mechanism of the work.
The work “Destroying Squares on Canvases” is one example of it.
This work is comprised of sixteen elongated canvases.
They were all prepared with thirteen identical squares from pigment.
Below each row of these squares was written the description of the operation of destroying on each square.
For example, on the second canvas:“EACH SQUARE OF THIS 2ND LINE WILL BE DESTROYED WITH GRAPHITE IN 1 MINUTE” , and so on, destroying of square increases with time.
The dust and flakes, that was produced in this process covered the description, that was written in future form to the past form.
Destroying Squares on Canvases

Destroying Squares on Canvases

477×200cm 1979-81年
ベルリン州立美術館 企画展「As Time Goes By, Kunstwerke über Zeit」
2009年2月-8月開催

Destroying Squares on Canvases – Water(左)

Destroying Squares on Canvases – Water(左)

390×185cm 1997年

Destroying Squares on Canvases – Emptiness(右)

450×185cm 1995年
タマダプロジェクトコーポレーション 個展 2004年7月
ページの最初へ