新見隆

にいみ・りゅう
NIIMI, Ryu

近現代・美術・デザイン、ミュゼオロジー、アート・マネージメント

Arts Policy and Museology, Design History

教授

Professor

1999年4月着任
1958年広島県生まれ
慶応義塾大学文学部
フランス文学科卒業

研究テーマ:

近・現代デザイン史・美術史、現代芸術論、アート/デザイン・マネージメントを含んだニュー・ミュゼオロジー。ジャポニズムを端緒とした比較空間、空間感覚学から、美術・デザイン・建築の影響史、受容史、比較文化史、芸術社会学まで。

フリーランス・キュレーター。ミュージアム&アート・コンサルタント。
専門は、近・現代美術、デザイン、建築、工芸。美術館学、アート・マネージメント。

セゾン美術館の学芸員として、展覧会企画を担当。主な企画展に、「日本の眼と空間」'90・'92・'94年、「バウハウス1919−1933」'95年、「イサム・ノグチと北大路魯山人」'96年、「デ・ステイル1917−1932」'97年、「柳宗理のデザイン」'98年など。
「現代日本デザイン展」国際交流基金主催・ソウル国立現代美術館 '94年、「その日に、5年後、77年後―震災・記憶・芸術」川崎市岡本太郎美術館 '00年、「表層を超えて―日本的ものづくりの手法」国際交流基金主催・シンガポール美術館・マニラアートセンター '03年のゲスト・キュレーター、コミッショナー。
イサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問。慶應義塾アート・センター訪問所員。家具道具室内史学会理事。ギャラリー册、アート・ビオトープ那須、顧問・キュレーター。
「ウィーン工房 1903-1932 モダニズムの装飾的精神展」パナソニック汐留ミュージアム '11年の企画監修によって、第7回西洋美術振興財団賞「学術賞」を受賞。
大分県立美術館館長として、 '15年4月24日に新美術館を開館させる。

主著に『空間のジャポニズム―建築・インテリアにおける日本趣味』INAX '92年、『モダニズムの庭園・建築をめぐる断章』淡交社 '00年、『キュレータ―の極上芸術案内』武蔵野美術大学出版局 '15年。
自作コラージュ、箱、人形、食のスケッチの個展や、学生とのコラボレーション展「未来の娘たち」を開く(文房堂ギャラリー、ギャラリー現、AKI-EXギャラリー、NIKIギャラリー冊'00-'06年)。

過去、五年間の、主な研究業績

著作

共著:『アートマネージメント』武蔵野美術大学出版局、2003年4月(武蔵野美術大学通信教育課程、文化政策コース教科書)、新見隆・伊東正伸・岡部あおみ・加藤義夫著
執筆箇所「序章・プロジェクト・フォー・サヴァイバル・アートによる社会革命」pp.5-32(現代の芸術政策・美術政策の概略を理解するための序論)
共著“Isamu Noguchi and Modern Japanese Ceramics” Amazon Press、2003年5月
執筆箇所“The Modern Primitive: Discourses of the Visual Arts in Japan in the 1950s” pp.87-101(英語翻訳は冨井玲子による)
(ワシントン・国立サックラ・ギャラリー他で開催された「イサム・ノグチと日本の近代陶芸」展の図録で、カリフォルニア大学出版とアマゾン社から同時出版)
原論文「モダン・プリミティヴの時代−1950年代の日本の前衛」
共著『ジャパニーズ・モダン−剣持勇とその世界』国書刊行会発行、2005年5月、森仁史編
執筆箇所「インテリアというユートピア―剣持勇への序章」pp.24-31
展覧会「ジャパニーズ・モダン―剣持勇とその世界」展(2004年9月〜2005年2月秋田市立千秋美術館、京都国立近代美術館、松戸市博物館 他)図録、後に出版。
共著『吉岡徳仁デザイン』『Tokujin Yoshioka Design』Phaidon Press Limited、2006年11月
執筆箇所「総論―存在の全体性の詩学」“Survey-A Poetics of the Totality of Existence” pp.16-23 日英語版同時出版(英・和文ともに、新見執筆)

論文

「風景の奪還―展覧会の意味するもの」
「崇高なる現在―世界の版表現と教育の現場より」展図録論文 pp.16-19、武蔵野美術大学美術資料図書館発行、2004年12月
「万人のための芸術―新万来舎の意味するもの」
「記憶としての建築空間―イサム・ノグチ/谷口吉郎/慶應義塾」pp.64-71、慶應義塾アートセンター/ブックレット13、2005年1月

096_01.jpg
096_02.jpg


明日のためのその0,


 
真の文化プロフェッショナルになる,
芸術文化学科一年生のための,
必修授業「ミュゼオロジー I」
 


“ Be a Vessel of Darkness ! ”

「闇の器たれ。」

September 5, 2008, Tokyo



096_05.jpg
096_04.jpg
096_03.jpg


明日のためのその1


芸術を学び、それを実践するとは、どういうことなのだろう?
文化を学び、それを実践するとは、いったいどういうことなのだろう?
いったい芸術や文化は、この世のどこにあるのか?
ミュージアムやコンサート・ホールへ行けばそれが見つかるのか?
あるいは、美術大学へ行って、キャンバスへ向かえば、図面に向かえばそれが見つかるのか?

こう、覚えておいていただこう。
芸術・文化「的なもの」のなかにいて、芸術や文化を知らない人は多い。
芸術・文化「的なもの」を知らずに、真に芸術的で文化的な人も多くいる。
この世では、多くの場合、見せかけと真実とは逆転するのである。

小綺麗な手で、美しい者は産めない。
あなたたちは、どちらを選ぶのか?

こう、覚えておいていただこう。
私たちは、目に見えないもののために生きる。
私たちは、闇のなかに、徹底的な孤独のなかに、自らを、賭ける。

またこう、覚えておいていただこう。
すべての人間の悲惨は、芸術と文化の欠如からくる。
民族間の争いも、環境破壊も、すべて「魂」の欠如からくる。
だから私たちが、芸術に生きるのは、この社会を変えるためである。
だから私たちが、文化に生きるのは、新しい人間をつくるためである。

あなた自身が、徹底的な闇のなかから、すべてを包みこむしかない。
あなた自身が、闇から光へと、何かを手渡してゆくしかない。
孤独であろうじゃないか。真の、「闇の器」たろうじゃないか。
砂漠をひとり歩む覚悟のない者は、本当には人を愛せないから。
私たちは、芸術も文化も未だ知らない、この社会ぜんぶのために捧げられる生け贄なのだ。

21世紀の今日、未だ人類が手にしたことのないものがある。
それが、真の意味での、芸術と文化ではないだろうか。

だから、今日のレッスンは以下のことに尽きる。
「闇の器になれ」。


096_06.jpg
096_07.jpg
096_08.jpg

096_09.jpg
096_10.jpg
096_11.jpg


光の孤独を分ち合う
―505、この日日の驚異の偏在としてのシューレ

私は、この部屋から西の空を眺めるのが好きだ。
青い街が澄んで凍てつくこの頃、チイチイと遠くでホオジロが鳴いて、早く陽は落ちかかり、薄紅の水晶菓子の膜が天に横たわる。
空の向こうは、陽が退く異界だ。だが私どもは、自らの生を隣り合わせにしているのに、いまだにその姿を知らない。
「テンペスト」の第三楽章を聴く。弟子のシントラーに意図を尋ねられたベートーヴェンが「シェイクスピアを読め」と答えたと伝えられるニ短調のソナタから、ロマン派による魂の彷徨は出発した。(*)
逆に私はロマン派のピアノ音楽からやっと、ベートーヴェンへ、そしてモーツァルトへと辿り着いた。
そこに繰り広げられる驚異は、とどまること、立ちどまることの決してない、変化し変転する、世界の変容そのものだ。
そこに、偉大なものは、いっさい無い。宇宙的なものも、また無い。
あるのは日日親しんだ、私どもの肉体そのものになった生と自然のありのままの姿が、未生の生き物の気配のように流れ、たたずんでいるだけだ。
彼らに教えたことはじつに少ないが、共に学んだことは無限だ。
彼らが挑んだ死闘はすべて、世界の驚異を全身に受けて、細大漏らさず感受しながら共鳴共感できるか、人は如何に「クリエイティヴ」であり得るか、真の芸術的生とは何か、この一点にかかっている。
私はこれら、私どもしか知らない汗と涙の死闘の痕跡を、成果とは呼ばない。彼らの輝ける未来への、ひとつの里程標であるのだから。
希望にも、夢にも、すべて、生に終わりは無い。
「光あるうち、光のなかを歩け」。
「自然を、光と風と草木を、我が身のごとく愛せ」。
いまやもう、私が彼らに命ぜられるのは、ただこれだけのことだ。

(*)大木正純による、EMI「リヒテル」版CDライナー・ノート(TOCE-7734,1992)解説から、学んで借りた。また、モーツァルトの、「変化し変換する、世界の変容」というのは、畏敬する遠山一行さんの論から学んで借りた。


096_12.jpg
096_16.jpg
096_17.jpg
096_13.jpg

096_15.jpg
096_18.jpg
096_19.jpg
096_14.jpg

書影以外の写真について
photo:佐治康生
ページの最初へ