中原俊三郎

なかはら・しゅんさぶろう
NAKAHARA, Shunsaburo

インダストリアルデザイン

Industrial Design

教授

Professor

1994年4月着任
1961年大阪府生まれ
武蔵野美術大学造形学部
工芸工業デザイン学科卒業

研究テーマ:

工業製品における、ライフスタイルデザイン研究。

ユーザーのライフスタイル・価値観をターゲティングして、デザインへ反映させるデザインプロセスを研究。企業の製品デザイン開発および、デザインコンサル、マネジメントを実践。
'90年(株)日立製作所デザイン研究所(現デザイン本部)および、本社宣伝部を経て、(株)サブロウデザイン設立。
'91年日本経済新聞社主催「国際デザイン・ザ・フューチャーコンペティション」優秀賞。'97年デザイン学会「手順デザイン」発表(共著:渡辺衆)。'00年3Dモデリング研究(本学共同研究)。小糸工業・三菱商事主催「長距離旅客機シートデザインコンペティション」優秀賞。'01年製品開発期間短縮技術の研究(共同:ぐんま産業高度化センター)。'03-'05年毎日新聞夕刊デザインコラム「ものデザイン事情」連載。'06年〜東京都 産学連携デザイン開発プロジェクト事業参加。'08年〜[MOE Elite Scholarship Program for Overseas Study in Arts and Design/Taiwan]台湾教育部デザインワークショッププログラム招聘。'08年〜 トヨタUD学生ワークショップ参加。産学共同プロジェクト多数。
日本認知科学会会員。JIDA会員。

NAKAHARA, Shunsaburo

Professor


I graduated from the industrial design course in the Department of Industrial, Interior, and Craft Design at MAU’s College of Art and Design in 1985. I then joined Hitachi’s Design Center, where I was responsible for developing audiovisual product designs for overseas markets. I left the Design Center in 1990 and set up Saburo Design Co., Ltd., where I continue to be involved in corporate design development and design consulting. In 1994 I became a full-time faculty member in MAU’s Department of Industrial, Interior, and Craft Design. My research theme is the study of lifestyle design, which has developed distinctive designs by targeting the values of diverse users across the generations. Putting this research into practice, I have been involved in many fruitful examples of joint research between industry and academia. As practical research, I have achieved results in many industrial-academic joint research projects. In 1991 I received the award for excellence in the 2nd International Design the Future Competition sponsored by Nikkei Inc. I am a member of the Japanese Cognitive Society and the Japan Industrial Designers’ Association.
ポータブル コンポーネント MS-W600

ポータブル コンポーネント MS-W600

海外仕様モデル
CDプレーヤ DA-W600CD

CDプレーヤ DA-W600CD

海外仕様モデル

Photino/フォティーノ 

Photino/フォティーノ 

有機繊維を使用した卓球ラケット


産学共同研究


【次代を担う学生の感性】

工芸工業デザイン学科IDコースでの産学共同研究は、教育現場の知的財産を社会に役立て、かつ実践的な教育現場に磨きをかける双方の「社会に貢献すること」と「学ぶこと」のバランスを重視する。企業からの依頼テーマは、未来型のテーマに加え、ここ最近の傾向として2〜3年後を見据えた実践的なテーマが目立つ。ユニークな次元でモノごとを捉え、シャープな感性で未来の生活シーンを描く学生に、現実的な問題解決への提案力が追いついてきた。企業は次代を担う学生の若い感性に期待する。

【ライフスタイルデザイン研究】

70代でも若々しい気持ちを保ち続ける人はいる。20代でもシックな生活を求める人もいる。人の価値観は年代を超えて広がり、絶えず新しい価値観が生まれる。ユーザーの様々な生活シーンを視座に、価値観を軸に生活者のカテゴリーを括り直しライフスタイルを俯瞰する。これまでと異なるユーザー価値の発見は、既成概念を超えた造形展開へと移行する上で有効であり特色あるデザインへと繋がる。曖昧なデザインや横並びのデザインからは作り手のメッセージはユーザーに届きにくい。


●「ISEKI-Project」/株式会社イセキ 2012年

(東京都 産学連携デザイン開発プロジェクト事業)
テーマ:在来種マルハナバチ専用の養蜂箱デザイン開発
マルハナバチはハウス栽培の代表的な訪花昆虫である。しかしその多くは外来種であり、生態系への悪影響から「特定外来生物」に指定され、在来種の普及に期待が高まっている。しかし国内に流通する養蜂箱は外来種用に設計された輸入品が多く、在来種にとっても、日本の農家にも使い勝手が悪いようだ。このプロジェクトは、新分野でデザイン力を試す素晴らしい機会となった。
2013092_01g.jpg

プロジェクトチームは、板橋区ホタル生態環境館の協力でハチ生態を学習し、また農家ハウス栽培の実態調査を重ねた。評価実験ではモデルに巣を移植させて観察を行ったところ、活発なハチの出入りが確認され成果を得た。プロダクトデザインは、農家の世代交代に合わせた新しいハウス農業のスタイルを体現させたものだ。


●「NM- Project」/株式会社日本メンブレン 2011年

(東京都 産学連携デザイン開発プロジェクト事業)
テーマ:シートスイッチと無機ELシートを応用した商品開発研究
家電製品で使われるシートスイッチや、薄くてフレキシブルな発光面のELシートのデバイスを応用した、新しいデザイン価値のプロダクトを提案した。プロジェクトメンバーは活動期間中の8月に電力使用制限令による節電を経験した。現状の社会や個人の生活の在り方を再考する契機となり、電力消費や安全性などの社会的なテーマで捉えた多くの企画・構想が発案された。

2013092_02g.jpg

(左)TVの主電源を切るリモコンスタンドは、デバイスの応用として説得性の高い提案だ。
(右)子供用の「エコ・読書ランプ」は、次代においても電力消費社会を問い直すことになろう。



●「快適CUSHION- Project」/株式会社スタジオグラフィコ 2010年

(東京都 産学連携デザイン開発プロジェクト事業)
テーマ:快適なクッション、シートマットのデザイン研究
「長く快適で健康に座れること…」女性が気になる健康面の視点で、使いやすさと心地よさの快適性に加え、座りたくなる造形印象を目指した。リサーチでは本学の美術館が所蔵する約300点の近代名作椅子から数点を選び、人々を魅了する椅子の分析と正しい座り方の定義を考察した。学生ならではの価値観で、働く女性のライフシーンからマーケットを描き、人間工学とモノづくりの感性が織り成す魅力的なパフォーマンスに仕上がった。

2013092_03g.jpg

職場で働く女性は日頃からストレスを感じている。長時間座り続けると、姿勢が崩れて背骨や骨盤が歪み健康面で悪影響を与える。これらのクッションは、働く女性のライフシーンに合わせた提案で、座ると自然に正しい姿勢が保て快適だ。



●「KYOCERA -Project」/京セラ株式会社 通信機器関連事業部 デザインセンター 2009年

テーマ:One's own cell phone ! 〜新しい携帯電話のデザイン研究
今や携帯電話はスマートフォンが主流になりつつあり、利用者は検索などで情報収集やフェースブックなどソーシャルメディアに熱中する。今後の用途の拡大を予測して「映像を楽しむ」「インターネットを楽しむ」「音楽を楽しむ」などの行為と関連づけて、携帯電話の新しいライフスタイルの模索とプロダクトデザインの展開を試みた。

2013092_08.jpg

(上)本体のプロジェクターからギターやピアノ、ドラムやパーカッションの楽器が投影され、Wi-Fi機能を使って他者とセッションを組めば、いつでもどこでも誰とでも音楽を演奏することができる。音楽を楽しむ新しいライフスタイルが広がる。
(下)この携帯電話機は、小型のコアレスコイル駆動用モーターが内蔵され、ボディーの2軸回転を利用して音楽に合わせて動き出す。音楽を聴く人の感性に訴えるプロダクトデザインだ。

2013092_05g.jpg


その他の主な実施産学

「X-file Project白もの家電プロジェクト」/LG Electronics Japan Lab.(株)日本デザイン研究所 2011年
「医療環境プロジェクト」/バクスター株式会社 2010年
「EXILIM-Project/新しいコンパクト・デジカメのデザイン研究」カシオ計算機(株)2008年
「LGプロジェクト/1セグ携帯電話のプロダクトデザイン研究」LG Electronics Inc.(韓国)2007年
「東京Next Design Project/計測器のデザイン開発」(株)レスカ 2006年
「T-Project/携帯マルチ・エンターテイメント端末のデザイン開発」(株)東芝 2006年
「東京Next Design Project/カレンダープロジェクト」(有)高田紙器製作所 2007年
「HONDAプロジェクト/次世代スモールカーの提案」(株)本田技術研究所 2005年
「SUZUKIプロジェクト/近未来のインパネデザイン」スズキ(株)2005年
「Xプロジェクト/若者のリストウオッチ」カシオ計算機(株)2004年
「Nプロジェクト/近未来のカーライフ」日産自動車(株)2003年
「花と緑と生活環境」森下(株)2003年
「日本酒の楽しみ方」萬屋醸造店(株)2002年


ページの最初へ