宮原ひろ子

みやはら・ひろこ
MIYAHARA, Hiroko

太陽物理学、宇宙線物理学、宇宙気候学

Physics, Astrophysics

准教授

Associate Professor

2013年4月着任
1978年埼玉県生まれ長崎県育ち
名古屋大学大学院理学研究科
博士課程(後期課程)修了
博士(理学)

研究テーマ:

太陽活動の長期的な変動と、それにともなう太陽圏環境の変化や銀河宇宙線量の変動について研究を行っている。また、太陽活動が気候変動や気象現象に及ぼす影響についても研究を行っている。

'03- '05年 日本学術振興会特別研究員DC1(名古屋大学宇宙地球環境研究所にて研究に従事)
'05- ‘08年 日本学術振興会特別研究員PD (NASAゴダード宇宙飛行センター、 名古屋大学宇宙地球環境研究所、東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻にて研究に従事)
'08- '13年 東京大学宇宙線研究所 特任助教

主な受賞歴:
'08年 第5回地球化学研究協会奨励賞
'12年 文部科学大臣表彰若手科学者賞
'15年 第31回 講談社科学出版賞

MIYAHARA, Hiroko

Associate Professor


My research interests include long-term variations in solar activity; variations in the heliospheric environment and galactic cosmic rays; and the influence of the space environment on Earth's climate.
miyahara2016_01.jpg

『地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか: 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来』
宮原ひろ子 著
化学同人、2014年
(第31回 講談社科学出版賞受賞、2015年)


日々の天気の変化から数億年規模の気候変動まで、地球には様々な変動が見られます。本書では、そういった変動が、どこまで宇宙からの影響で説明できるか、という問いに迫ります。太陽活動や、宇宙から降り注ぐ放射線が地球におよぼす影響を探る「宇宙気候学」の最先端を紹介しています。

第1章 変化する太陽
第2章 太陽の真の姿を追う
第3章 太陽活動と気候変動の関係性
第4章 宇宙はどのようにして地球に影響するのか
第5章 変わるハビタブルゾーン
第6章 未来の太陽と地球


miyahara2016_02.jpg

『太陽活動と地球: 生命・環境をつかさどる太陽』
J. エディ著
上出洋介、宮原ひろ子 訳
丸善出版、2012年


本書は、太陽活動と地球の関係性を一般読者向けに解説したJ・エディ博士の遺作を翻訳したものです。太陽活動は、気候変動のみならず、社会にも大きな影響を与えます。現代社会においては、様々なシステムが宇宙空間を周回する人工衛星に依存しており、太陽フレアにともなう宇宙環境の乱れの影響を受けやすくなっています。太陽フレアは、地上での通信や送電網などにも影響します。本書では、太陽活動が地球や社会に与える影響や、その物理プロセスを、豊富な画像とともに紹介しています。

はじめに -新しい地球観
第1章 太陽
第2章 太陽風と変動する太陽
第3章 地球近傍の宇宙環境
第4章 地球が受け取る太陽放射の変動
第5章 地球近傍での粒子の流れ
第6章 太陽の変動による影響
第7章 生命と社会への影響
第8章 地球の天気と気候への影響
第9章 地球とその先での宇宙天気を予報する


主要論文

H. Miyahara, R. Kataoka, T. Mikami, M. Zaiki, J. Hirano, M. Yoshimura, Y. Aono, and K. Iwahashi, Solar Rotational Cycle in Lightning Activity in Japan during the 18–19th Centuries, ANGEO Communicates, 36, 633-640, 2018.

H. Miyahara, C. Higuchi, T. Terasawa, R. Kataoka, M. Sato, Y. Takahashi, Solar 27-day rotational period detected in a wide-area lightning activity in Japan, ANGEO Communicates, 35, 583-588, 2017.

W. Sakashita, H. Miyahara, Y. Yokoyama, T. Aze, T. Nakatsuka, Y. Hoshino, M. Ohyama, H. Yonenobu, K. Takemura, Hydroclimate reconstruction in central Japan over the past four centuries from tree-ring cellulose δ18O, Quaternary International, 455, 1-7, 2017.

R. Kataoka, H. Miyahara, F. Steinhilber, Anomalous 10Be spikes during the Maunder Minimum: Possible evidence for extreme space weather in the heliosphere, Space Weather, 10, S11001, 2012.

Steinhilber F., Abreu J., Beer J., Brunner I., Christl M., Fischer H., Heikkila U., Kubik P., Mann M., Miller, H., Miyahara H., McCracken K.G., Oerter H., Wilhelms F., 9,400 years of cosmic radiation and solar activity from ice cores and tree rings, Proc. Natl. Acad. Sci., 109, 5967-5971, 2012.

P. K. Hong, H. Miyahara, Y. Yokoyama, Y. Takahashi, M. Sato, Implications for the low latitude cloud formations from solar activity and the Quasi-Biennial Oscillation, Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, 73, 587-591, 2011.

Y. T. Yamaguchi, Y. Yokoyama, H. Miyahara, K. Sho and T. Nakatsuka, Synchronized Northern Hemisphere Climate Change and Solar Magnetic Cycles during the Maunder Minimum, Proc. Natl. Acad. Sci., 107(48), 20697-20702, 2010.

H. Miyahara, Y. Yokoyama, K. Masuda, Possible link between multi-decadal climate cycles and periodic reversals of solar magnetic field polarity, Earth Planet. Sci. Lett., 272, 290-295, 2008.

H. Miyahara, G. Wen, R. Cahalan, A. Ohmura, Deriving Historical Total Solar Irradiance from Lunar Borehole Temperatures, Geophys. Res. Lett, 35, L02716, doi:10.1029/2007GL032171, 2008.

H. Miyahara, K. Masuda, Y. Muraki, H. Kitagawa, T. Nakamura, Variation of solar cyclicity during the Spoerer Minimum, J. Geophys. Res., 111, A03103, 2006.

H. Miyahara, K. Masuda, Y. Muraki, H. Furuzawa, H. Menjo, T. Nakamura, Cyclicity of solar activity during the Maunder Minimum deduced from radiocarbon content, Sol. Phys., 224, 317-322, 2004. ページの最初へ