三澤遥

みさわ・はるか
MISAWA, Haruka

デザイン

Design

准教授

Associate Professor

2022年4月着任
1982年群馬県生まれ
武蔵野美術大学造形学部
工芸工業デザイン学科卒業
学士(造形)

研究テーマ:

ものごとの奥に潜む原理を観察し、そこから引き出した未知の可能性を視覚化する試みを、実験的なアプローチによって続けている。

デザイナー。日本デザインセンター三澤デザイン研究室室長。大学卒業後、デザインオフィスnendoを経て、'09年より日本デザインセンター原デザイン研究所に所属。'14年より三澤デザイン研究室として活動開始。
主な仕事に、水中環境を新たな風景に再構築した「waterscape」、かつてない紙の可能性を探求した「動紙」、国立科学博物館の巡回展キット「WHO ARE WE」、隠岐ユネスコジオパーク泊まれる拠点「Entô」のアートディレクション、上野動物園の知られざる魅力をビジュアル化した「UENO PLANET」、ロゴの自在な展開性を追究したKITTEやTOKYO BIG SIGHTのVIがある。
'19年、毎日デザイン賞受賞。
著書に『waterscape』X-Knowledge。

MISAWA, Haruka

Associate Professor


Research Theme:
Misawa use an experimental approach, attempting to observe the principles behind things and visualize the unknown possibilities to be found there.

Designer. Director of the Misawa Design Institute, Nippon Design Center. Associate professor at Musashino Art University. After graduating from Musashino Art University's Department of Craft and Industrial Design, she worked at the design office nendo before joining the Nippon Design Center's Hara Design Institute in 2009. Her major projects include "waterscape," which reconstructed an underwater environment into a new landscape; "Doshi," which explored the possibilities of paper as never before; "WHO ARE WE," a traveling exhibition kit for the National Museum of Nature and Science; art direction for Entô, a base where visitors can stay at the Oki Unesco Geopark; "UENOPLANET ," which visualized the hidden charms of the Ueno Zoo. In 2019, she won the Mainichi Design Award. She is the author of "waterscape" (published by X-Knowledge).

2022216_09.jpg
2022216_12.jpg

WHO ARE WE
観察と発見の生物学

独立行政法人国立科学博物館 2021年 写真:Gottingham



2022216_08.jpg
2022216_06.jpg

動紙

株式会社竹尾 2018年〜 写真:林 雅之
2022216_07.jpg



2022216_01.jpg

waterscape

2018年 写真:林 雅之


2022216_05.jpg
2022216_04.jpg

まわり花

興福寺中金堂落慶法要散華 2018年 写真:濱田英明



2022216_02.jpg

UENO PLANET

東京都恩賜上野動物園 2015年
2022216_03.jpg











ページの最初へ