黒川弘毅

くろかわ・ひろたけ
KUROKAWA, Hirotake

彫刻

Sculpture, Conservation

教授

Professor

2003年4月着任
1952年東京都生まれ
東京造形大学卒業

研究テーマ:

ブロンズにおける量塊形成と形象生成―〈彫刻〉の産出。ブロンズ彫刻の技術と保存―〈彫刻〉の残留。

'91-'92年文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアへ留学。
論文:「オーギュスト・ロダン作『地獄の門』のブロンズと石膏のそれぞれのバリエーション、そして2つの鋳造所について」('94年『多摩美術大学研究紀要』10号)、「ロダン『地獄の門』に見る原型と鋳造法」('96年『金属』4・5月号、アグネ)、「パリの鋳造所によるブロンズ彫刻の屋外での変化と表面生成物」('97年、同紀要12号)、「屋外に設置された明治期ブロンズ彫刻の表面状態と腐食生成物Ⅰ」('99年、同14号)、「1950年代までの彫刻科と清水多嘉示の美術教育」(『清水多嘉示資料/論集Ⅰ』 武蔵野美術大学彫刻学科 '09年)、「権鎮圭-ブールデルの後裔」(『権鎮圭』東京国立近代美術館・武蔵野美術大学・韓国国立現代美術館 '09年)など。
展覧会:ときわ画廊、東京画廊、なびす画廊、コバヤシ画廊、府中市美術館、宇都宮美術館、川崎IBM市民ギャラリーなどで個展多数。東京国立近代美術館、セゾン美術館、滋賀県立近代美術館、横浜市民ギャラリー等でグループ展多数。第20回ミッデルハイム彫刻ビエンナーレ(アントワープ '89年)、第8回インドトリエンナーレ(ニューデリー '94年)、第3回光州ビエンナーレ(光州市 '00年)などに参加。
パブリックコレクション:文化庁、東京国立近代美術館、国立国際美術館、愛知県美術館、徳島県立近代美術館、宇都宮美術館、府中市美術館、高松市美術館、いわき市立美術館、平塚市美術館、神奈川県民ホールギャラリー、福山市など。

KUROKAWA, Hirotake

Professor


The concept of casting in my work is not dependent upon the separation of shape and material as in other bronze sculptures in which there are molds/models of one material and the bronze becomes the plastic formation of the shapes of models. In my works, casting is speculative. The production of a solid mass out of hot, melting bronze and the desire to see something never seen before are one and the same process. In my work, the plastic formation of the mold is not for the purpose of modeling. Rather, it is to make the volume an absence of bronze-a cave yet to be fulfilled. And there is no visibility of figure before the formation of the cave.
2013041_01.jpg

個展

2011年2月7日-2月19日 コバヤシ画廊 撮影:末正真礼生

2013041_02.jpg

Eros No.73 Eros No.74

51×25×11.5cm 90×47×18cm
ブロンズ 2010-11年
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊
2013041_03.jpg

Eros No.79  Eros No.80

52×26×16cm 90×46×19cm
ブロンズ 2010-11年
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊


2013041_04.jpg

Eros No.76  Eros No.77

53.5×27×12cm 90×40×20cm
ブロンズ 2010-11年
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊
2013041_05.jpg

Eros No.76  Eros No.77

(裏側)
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊


2013041_06.jpg

Eros No.70  Eros No.69

88×40×17.5cm 50×26×13cm
ブロンズ 2009年
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊
2013041_07.jpg

Eros No.72  Eros No.71

90.5×58×19cm 50×28×12cm
ブロンズ 2009年 平塚市美術館所蔵
撮影:末正真礼生 コバヤシ画廊







ページの最初へ