小泉誠

こいずみ・まこと
KOIZUMI, Makoto

家具のデザイン

Living Design

教授

Professor

2005年4月着任
1960年東京都生まれ

研究テーマ:

空間における生活道具のあり方と、その生産の背景と関わる。

デザイナー原兆英と原成光に師事。
'90年Koizumi Studio設立。
'03年にはデザインを伝える場として「こいずみ道具店」を開設。
建築から箸置きまで生活に関わる全てのデザインに関わり、現在は日本全国のものづくりの現場を駆け回り地域との恊働を続けている。
著書:
『デザインの素』'03年
『と/to』'05年
全日空機内誌/翼の王国に'07-'09年「monogatari」連載、
'10年より同誌に「素材の素」連載
受賞:
JCDデザインアワード金賞 '06年
同 銀賞 '08年
同 銀賞 '09年
2012毎日デザイン賞 '12年

http://www.koizumi-studio.jp/
http://kuude.musabi.ac.jp/

KOIZUMI, Makoto

Professor


I study the nature of the tools of everyday life as they exist in space and in the context of their production. After training under designers Choei Hara and Shigemitsu Hara, I established Koizumi Studio in 1990 and then, in 2003, opened Koizumi Douguten [Koizumi Tool Shop] as a place to showcase my designs.
My work spans a range of lifestyle design covering everything from architecture to chopstick holders, and I continue to spend a great deal of time traveling throughout Japan developing collaborations with local craftspeople.
Books I have authored include Dezain no su [Elements of Design] (Rutles, 2003) and To/to [And/to] (Toto Publishing, 2005). Awards I have won include the JCD Design Award (gold in 2006, silver in 2008 and 2009) and the Mainichi Design Prize (2012).
2013043_01.jpg
2013043_02.jpg

こいずみ道具店

築50年の店舗兼住居の改装。地域の記憶を活かしながら「店」「事務所」「倉庫」「工房」などの複雑な機能を編集(2013年)


2013043_03.jpg
2013043_04.jpg

菜の花研修所

箱根湯本の和菓子屋「菜の花」の温泉付き研修施設。500本の地域材の杉垂木を施工。手を掛け心を込める事で醸し出る空気感を創出(2012年)


2013043_05.jpg

ambai

燕の技術と新たな素材開発から生まれた玉子焼き器。鉄と表面加工の工夫で、ふっくら美味しい玉子焼きが出来上がる(2012年)
2013043_06.jpg

asahineko

木造の「仕口」をモチーフにした箸置き。木曽五木の素材の特性と地域を伝えるメディアとしての製品づくり(2010年)
2013043_07n.jpg

kaico

国内での製造者が2社となった琺瑯器物。あらたな価値観を生み出し製造環境の持続を願った製品開発の事例(2005年)



2013043_08.jpg

ORI

紙を折ったようなフォルムのスツール。繊細な形状をつくるために高度な木工技術が活用されている
(2004年)



ページの最初へ