北徹朗

きた・てつろう
KITA, Tetsuro

健康科学、生涯スポーツ論、大学体育論

Health Science, Theory of Lifelong Sports, Theory of Health and Physical Education in University

准教授

Associate Professor

2012年4月着任
1977年岡山県生まれ
東京農工大学大学院工学府
電子情報工学専攻博士後期課程
博士(医学)昭和大学

KITA, Tetsuro

Associate Professor


I research educational methods for leading a healthy student life by, among other things, measuring body composition and physical strength and conducting epidemiological surveys. I also carry out research based on the key words of “health and sport industries” and “community” with a view to realizing a society in which people enjoy sports throughout their lives.

主な著書


shoei_kita.jpg

『スポーツ・健康と現代社会』

共著、武蔵野美術大学出版局
2015年
kita_2015.jpeg

『先生教えて!体育のギモン』

単著、あかね書房、2014年
『メタボリックシンドロームに効果的な運動・スポーツ』

『メタボリックシンドロームに効果的な運動・スポーツ』

分担執筆、ナップ、2011年



『楽しい体育授業を創造する ベースボール型の授業実践』

『楽しい体育授業を創造する ベースボール型の授業実践』

単著、青山ライフ出版、2011年
『体育・スポーツの経営学』

『体育・スポーツの経営学』

単著、協同出版、2011年
『幼稚園教諭・保育士をめざす 保育内容「健康」』

『幼稚園教諭・保育士をめざす 保育内容「健康」』

分担執筆、圭文社、2010年




『実践 入浴エクササイズ』

『実践 入浴エクササイズ』

編著、文化創作出版、2006年(2007年改訂)
『シャトルボールルールブック《競技規則・競技審判規定・審判に関する留意事項・基本技術》』

『シャトルボールルールブック《競技規則・競技審判規定・審判に関する留意事項・基本技術》』

分担執筆、日本シャトルボール協会、2003年




社会活動

・公益社団法人 日本プロゴルフ協会 経営戦略委員会 委員
・公益社団法人 全国大学体育連合 常務理事
・一般社団法人 日本運動・スポ―ツ科学学会 常任理事
・サイバー大学 IT総合学部 客員准教授
・中央大学 保健体育研究所 客員研究員 など


ページの最初へ