神野善治

かみの・よしはる
KAMINO, Yoshiharu

民俗学、博物館学

Folklore and Museum Studies

教授

Professor

1997年4月着任
1949年東京都生まれ
慶應義塾大学卒業
博士(民俗学)國學院大学

研究テーマ:

人が、自然と人間とカミとの三つ巴の関係のなかで生きていくために世代を超えて伝えてきた「技と知恵」。これを私は「民俗」ととらえています。祭りや行事などや職人の技など無形の伝承と、生活の道具類、とくに「民具」と呼ばれる有形の伝承と、その両方の世界を総合的にとらえ得る視点を見出せないかという夢を追っています。

著書:『人形道祖神―境界神の原像―』白水社 '96年、『木霊(こだま)論―家・船・橋の民俗―』白水社 '00年など。
編著:『ミュージアムと生涯学習』武蔵野美術大学出版局 '08年、『日本のくらしの知恵事典』岩崎書店 '08年。
東京品川区生まれ。中学担任で民謡研究家の仲井幸二郎先生、古文の西村亨先生から民俗学を学び、高校美術部ではキャプテンになり、顧問の日本画家(のちに武蔵美教授となられた)毛利武彦先生から指導を受ける幸せに恵まれ、美術の世界に憧れ、また大学紛争の時期は旅に明け暮れて、旅の宿で雑誌「あるくみるきく」に遭遇。その発行所の日本観光文化研究所で宮本常一先生の指導による民族博物館づくりに参画。民具の蒐集活動を経験。25歳からは伊豆海辺の博物館で民俗担当の学芸と員として12年余り活動。漁労民俗のテーマで、'86年には日本民俗学会研究奨励賞を受賞。のち、文化庁の文化財調査官になり全国の祭りや民具コレクションなど民俗文化財保護と博物館づくりなどに10年間奔走しました。
一方、20代に東日本の旅で発見した「村境に立つ巨大な人形神」をテーマにした研究は、『人形道祖神―境界神の原像』として刊行、'97年第36回柳田國男賞を受賞。
032_1.jpg

フィールドワーク

左記のプロフィールにあるように、私の研究の原点は「旅」と「博物館」です。ときにはアジアの農村地帯などを歩くのが今も楽しみで、ここ数年はブータン・ラオス・ベトナムなどを歩きましたが、主なフィールドは日本各地の農山漁村です。旅に出はじめたころの日本は高度経済成長のただ中でしたが、まだ茅葺きの民家が数多く残り、自然の中で暮らしつつ伝統的な技や知恵を豊富に持った「百科事典」のような古老たちに日本各地で出会うことができました。今もそのような人たちとの交流が続いています。
旅先などで訪ねてきた「博物館」は、未知の土地や多角的な新しいテーマとの出会いの場、情報収集の入口です。現場で実体験できる事物には限りがあり、通過するだけでは見落としがちな地域の「宝物」の存在に気づかせてくれるのが博物館です。
博物館での知見から新しい旅が始まることがしばしばあります。


研究活動

以下に、私の研究テーマの一端を簡単に披露しておきます。

【漁労文化の研究】

学生達と作ったマグロ漁のジオラマ(部分)

学生達と作ったマグロ漁のジオラマ(部分)

東京生まれの私ですが、青年時代に伊豆の博物館で12年間余り、学芸員をしたときに「海の民俗」というテーマに出会いました。今では信じられないでしょうが、伊豆沿岸では大正・昭和初期までマグロ漁やカツオ漁などが小さな入江で行われていました。その勇壮な漁法や伝統的な和船づくり、漁民の信仰などについて体験した古老たちから聞き書きを行い、具体的な漁具を収集し、使い方を学ぶことで、漁撈活動のあり方を追体験できました。研究成果の一部は沼津市歴史民俗資料館(静岡県)の展示や紀要に紹介。また、武蔵野美大の学芸員実習として学生たちと行った調査や展示活動の成果物に「マグロ漁のジオラマ」があります(写真参照)。また学生たちとは北海道戸井町(現函館市)でイワシ漁の資料調査なども行っています。

【人形道祖神の研究】

新潟のショウキ様と呼ばれる人形神

新潟のショウキ様と呼ばれる人形神(阿賀町津川)

2019032_001.jpg

NHK放送センター前で地元の方たちと再現した秋田のカシマ様の大人形(湯沢市岩崎)



2019032_002.jpg

ニンギョウ様(秋田県大館市)

2019032_003.jpg

高さ4mのカシガ様(秋田県横手市)


日本には信仰関連の民俗造形に魅力的なものがたくさんあります。とくに東日本に見られる巨大なワラ人形を作る民俗信仰には、目を見張るものが多く、とりわけ美大生に見せたいものが多くありますが、まだ十分に知られていません。きっと世界の人々にも注目されるものと思っています。この人形神の研究は、およそ20年間をかけて1996年に約800頁の本(『人形道祖神―境界神の原像―』)にまとめることができ、柳田國男賞も受賞しました。はじめて見てから40年たちますが、今も秋田県などを中心にこの祭りが続いていますので、ぜひ伝承現場を訪ねることを皆さんにお勧めします。これまでに福島県立博物館、川崎市市民ミュージアム、千葉県立房総のむら、長野市立博物館、柏崎市立博物館などで関連の企画展が行われ、宮城県立東北歴史博物館・国立歴史民俗博物館の常設展でこの人形神が紹介されています。

【木霊(こだま)の研究】

『木霊論』神野善治 白水社 2000年

『木霊論』神野善治 
白水社 2000年

「自然と人間」の関わりを樹木にまつわる民間信仰の視点からとらえた研究です。豊かな森林資源を利用し、日本人は家屋や船や橋はもとより多彩な生活器物を作り出してきました。伝説や昔話、信仰儀礼や祭礼、歌と踊りなど、さまざまな民俗事象に潜む「樹木の魂(木霊)」への思いをたどった研究です。そこでは、さまざまな分野に存在している造形物やそれぞれ個性的な儀礼などが、実は目に見えない心意の糸で互いにひとつに結び付けられていたことに気づかされます。その発見の道程と感動を皆さんにも伝えたいとまとめたのが著書『木霊論』です。

【時のフォークロア】

「時」「時間」は哲学でも古典的なテーマですが、私は無形の民俗の伝承と、目にみえる造形物からたどる試みを、かなり長い間、続けてきました。通信教育課程教科書『イメージ編集』に一部紹介し、「香時計」についても発表していますが、武蔵美の退任年度となる2019年度は「民俗学」の講義でまとめの紹介をするとともに、単行本として刊行も計画しています。

【水車小屋の技と知恵】

江戸時代末に創業され、今日まで武蔵野(三鷹市大沢)に残された水車屋の民具調査を学生たちと行ったのをきっかけに、その技術をめぐるモノと伝承の世界に魅了されました。卒業生グループや学芸員課程の学生たちと取り組んできた調査研究の成果は、2005年に、「水車屋ぐらしを支えた民具」として刊行し、同年秋に本学美術資料図書館の企画展「回れ・まわれ・水車〜武蔵野の水車ミュージアム」を開催しました(企画展図録・みたか水車ミュージアムおよび本学民俗資料室ホームページ参照)。2009年には、修復した水車がついに再び回り始め公開がなされています。


美大生と博物館

本学では学芸員養成を行うコースを主に担当しています。学芸員の仕事はとても魅力的で、武蔵美卒業生も各地で活躍していますが、そのポストは極めて少なく、博物館をめぐる近年の社会的動向は厳しいのが実情です。私が担当する学芸員課程は芸術文化学科を除く各学科にひらかれていますが、博物館はどの学生にとっても大切な自己啓発の場であり、とくに美術館は美大生にとって重要な場所になるはずです。ぜひ気楽に訪ね、活用できる習慣と技を身につけてもらいたいと考えています。講義では一歩踏み込んだ利用方法や博物館の内側からの関わり方を学びます。
なおこの課程に「生涯学習概論」があり、実は私の担当で一番好きな講義科目です。学芸員をめざす学生だけでなく大学で学び始めたばかりの皆さんにも聞いてもらいたい内容です。学び方やその歴史について改めて学ぶことはなかなか刺激的です。講義では私自身のささやかな体験に加え、柳田國男、牧野富太郎、南方熊楠、宮本常一など達人たちの方法を紹介しつつ、自ら「学ぶ」ことのすばらしさと技を体得する機会を提供します(通信教育課程教科書『ミュージアムと生涯学習』をご参照ください)。
学芸員課程の科目で特筆したいのが「博物館実習Ⅰ」です。「体験」の質を高めるために、日常の学習の場から離れたフィールドでの実習をいろいろ設定しました。福島県只見町では山村の暮らしを体験、地元の「川のミュージアム」で「漁と猟」の展示、長野県泰阜村の「学校美術館」では先生方や子供たちとの実習体験が思い出深いものになりました。三鷹市大沢の「みたか水車博物館」などで、文化財の保存活動と展示公開に関わり、地元の方々と深い絆を結んできました。最近では福井県若狭町三方の石観音で「奉納手足形」の調査を継続、2019年度夏(8月9日~9月21日)に本学美術館で企画展「くらしの造形20 手のかたち・手のちから」展でこれらの成果を民具研究の成果と重ねて紹介します。ご期待ください。 ページの最初へ