井口博美

いのくち・ひろみ
INOKUCHI, Hiromi

デザインマネジメント、デザインサーベイ、マーケティング

Design Management, Design Survey, Marketing

教授

Professor

2005年4月着任
1956年福岡県生まれ
武蔵野美術大学造形学部
基礎デザイン学科卒業

研究テーマ:

企業におけるデザインマネジメント、ブランド確立に向けた「ストラテジック(戦略的)デザイン」を中核としたイノベーションやコンセプト・デザイニングへの応用など。

感性工学やマーケティング手法をベースに自動車や情報通信機器等ID系を中心としたデザイン評価やデザインマネジメントの方法論を独自に研究・開発。
通商産業省(現経済産業省)の外郭団体である(財)日本産業デザイン振興会(現日本デザイン振興会)に入職後、行政的立場からデザイン情報活動やグッドデザイン(Gマーク)選定事業等のプロモーションに従事。‘91年に日産自動車が創設したデザインシンクタンクの(株)イードに移籍し、企業の各種調査研究プロジェクトや商品・デザイン戦略の企画立案等を手掛ける。
共著:『企業が変わるデザイン戦略経営入門』講談社 ‘92年。『デザイン事典』デザイン学会編集、朝倉書店 ‘03年。『デザインセクションに見る創造的マネージメントの要諦』海文堂出版 ‘05年。
論説:『戦略的デザインマネジメントに求められる感性と論理性』日本感性工学会 ‘08年。
外部団体などでの役職等:基礎デザイン学会・会員(設立発起人)、日本感性工学会・会員(デザイン経営部会)、芸術工学会・会員。

INOKUCHI, Hiromi

Professor


The environment surrounding design is undergoing enormous changes. The foremost problem is that while new design domains created to meet the demands of the times are expanding rapidly, detachment from the domain of design as an occupational skill is becoming intense. Indeed, there is a strong tendency for the latter to become increasingly specialized. From the standpoint of Design Informatics, which essentially ignores the boundaries of conventional design domains and strives to realize an ultra-design domain, he engages in the research and practice of design and educational methods that respond to current trends. Furthermore, in order to question and socialize the identity of art universities, he recommends a “fusion of humanities, art, and science,” positioning art as a mediator in merging the humanities and sciences, and pursues a methodology of emergent design (education) in complex specialized areas.
2013015_01.jpg

2012年4月にオープンした「武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ」(全景)


「未来的デザイン」の探求

元々は、自動車や情報通信機器等ID系を中心とした企業(メーカー)における各種リサーチやデザイン評価を主軸としたデザインマネジメントが専門領域であり、商品開発・マーケティングとの連携を踏まえたところでそれらに関する調査研究プロジェクトや幅広い実践活動(コンサルティング等)を通してケーススタディ研究を行ってきた。
近年では、ブランド確立に向けた「ストラテジック(戦略的)デザイン」の手法開発研究をベースとして、従来型デザインの高度化および既存デザイン分野統合化の先端領域にある「創発型デザイン」について取り組んでおり、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインの延長線上に「未来的デザインのあり方」を探求している。
概ねその基本的な方向性としてはデザイン思考による「イノベーション」や異分野専門集団による「コンセプト・デザイニング」の方法論開発等が主軸となっており、それらのオープンリソース化を目指している。
その他公表できる主な研究実績としては、下記のとおりである。

著書・論文等

『デザイン事典』朝倉書店(デザイン学会編集)2003年(共著)
『デザインセクションに見る創造的マネージメントの要諦』海文堂出版、2005年(共著)
「戦略的デザインマネジメントに求められる感性と論理性」感性工学Vol.7-No2、2008年

(公的)調査研究

「人に優しいものづくりに関する調査研究」経済産業省、2003年3月
「戦略的デザイン政策の在り方に関する調査研究」(財)機械振興協会経済研究所、2003年3月
「ブランド確立のためのデザイン活用評価指標に関する調査研究」(財)産業研究所、2004年3月
「中国デザインビジネス事情(北京・青島・天津編)調査研究」(財)国際デザイン交流協会、2005年3月

講演

「LOHASとデザインマネジメント」(財)国際デザイン交流協会、2007年
「デザインマネジメント—異能・創発型の戦略的ネットワークとImaging」(財)国際デザイン交流協会、2008年
「Gマーク制度の歴史と日本デザインの秘密—デザインマネジメントの新たな方向」(財)海外技術者研修協会、2009年
「企業戦略とデザインマネジメント」(財)海外技術者研修協会、2009年
「プロダクトデザインと商品開発」(財)海外技術者研修協会、2010年
「デザインマネジメント体制の構築」(財)海外産業人材育成協会、2012年

「創発型デザイナー」の育成と教育

時代の要請に応じたデザインの今日的課題解決や新たなデザイン領域をカバーするためには、(単なるデザイナーではなく)複数の専門性を持った「新しいデザインの担い手」を育成する必要がある。その基本ポリシーのもとに、従来デザイン分野の高度な自律化とともに異分野領域とのハイブリッドな相乗効果を引き出す「創発型デザイン」にアプローチすべく、芸術(デザイン)・工学(技術)・経営(マネジメント)の世界を横断化したところでの教育活動そのものについて研究・実践している。
具体的には、芸術(デザイン)系を代表する本学では経営(マネジメント)への連携強化の一環として「マーケティング論」を、他大学の経営(マネジメント)系の学生には「産業デザイン(論)」を、工学(技術系)の学生には「デザイン情報学(概論)」を授業として実施してきた。つまり、社会科学やエンジニアリングにおける専門領域とデザイン教育をブリッジ(相互乗り入れ)することによって、デザイン教育自体のイノベーションを多角的に推進しながら「新しいデザイナー像」を追及しようという実験的試みを積み重ねてきたわけである。
また、近年躍進の著しいアジアのデザイン動向・教育の実態把握もさることながら、日本の企業(メーカー)にとってグローバル化対応の戦略的デザインマネジメントが喫緊の課題となっており、大学での教育方法のあり方もそれらに応じた高度なデザイン教育へシフトしていく必要があるだろう。デザイン教育の場が一般大学も含めて増加し多様化する中で、美大の役割の再定義が迫られていることを認識しつつ、美大のアイデンティティを発揮しうる革新的なデザイン教育の推進・実践に繋げて行きたい。


2013015_02.jpg

2012年10月に東京ミッドタウン・デザインハブで開催し好評を博した
「ムサビのデザイン~武蔵野美術大学のデザインコレクションと教育」展

ページの最初へ