細将貴

ほそ・まさき
HOSO, Masaki

生態学、進化生物学

Ecology, Evolutionary biology

准教授

Associate Professor

2020年4月着任
1980年和歌山県生まれ
京都大学大学院理学研究科
博士課程(後期課程)修了
博士(理学)

研究テーマ:

動物の左右非対称性に関する研究、および生物多様性の創出機構に関する研究を行っている。

'06–'08年 日本学術振興会特別研究員DC2(京都大学理学研究科にて研究に従事)
'08–'11年 日本学術振興会特別研究員PD(東北大学生命科学研究科にて研究に従事)
'11–'13年 日本学術振興会海外特別研究員(Naturalis Biodiversity Centerにて研究に従事)
'13–'18年 京都大学白眉センター 特定助教
'18–'20年 東京大学理学系研究科 特任助教

主な受賞歴:
'11年 日本進化学会奨励賞
'14年 日本動物学会成茂動物科学振興賞
'14年 文部科学大臣表彰若手科学者賞
'15年 第19回 日本生態学会宮地賞
'19年 和歌山県文化表彰文化奨励賞

HOSO, Masaki

Associate Professor


My research interests mainly focus on evolution and ecology of animal asymmetry. Left-right asymmetry is a pervasive feature of animals, of which ecological functions, developmental processes, and genetic basis remain poorly known. I am tackling these puzzles by multidisciplinary approaches including fieldworks, behavioral experiments, genomics, and morphometrics.
2020196_01.jpg

『右利きのヘビ仮説:追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化

細将貴 著
東海大学出版会 2012年


ヒトの心臓、ヒラメの眼、シオマネキの鋏…。左右の非対称性は、実にさまざまな動物の体に見られる現象です。しかしながらこうした有名な例ですら、なぜ・どのように進化してきたのかは、ほとんどわかっていません。なかでもカタツムリには、「巻き型の左右逆転」という特異な謎があります。種数のうえで多数派である右巻きのカタツムリから、幾度となく独立に進化してきた左巻きのカタツムリ。ところが、突然変異で生まれてきた左巻き個体は、まわりの右巻き個体とうまく交尾することができません。左巻きのカタツムリは、どのようにしてこの繁殖上の不利を乗り越え、進化してくることができたのでしょうか。本書では、私のしてきたこの謎解きの過程をつぶさに紹介していきます。鍵を握っていたのは、カタツムリばかりを食べるという少し変わったヘビでした。

はじめに
第1章 生き物の右と左
第2章 右利きのヘビ
第3章 西表島で調査する
第4章 検証・右利きのヘビ仮説
あとがき



2020196_02.jpg

『ヘビという生き方』

ハーベイ・B・リリーホワイト 著
細将貴 監訳
東海大学出版部 2019年


「ヘビは実に素晴らしい動物だ」。そう断言するリリーホワイト博士は、世界でも稀なヘビの生理生態学者です。本書は、博士が生涯を通して培ってきた幅広い学識をまとめた専門書を翻訳したもので、日本語書籍に類書はありません。進化と分類の概要から始まり、循環系や感覚器といった体の構造と機能の詳細、温度生態や毒牙のようなヘビに特異な機構の解説など、いわばヘビのすべてを記した一冊です。

発刊に寄せて
はじめに
謝辞
第1章 世界のヘビ:その進化史と分類について
第2章 摂餌、消化、そして水分平衡
第3章 移動方法:ヘビはどう動くのか(抄訳;全訳は電子版に収録)
第4章 温度と外温性
第5章 皮膚の構造と機能
第6章 体内輸送(抄訳;全訳は電子版に収録)
第7章 感覚器の構造と機能:ヘビは世界をどう感じているのか
第8章 ヘビのたてる音
第9章 求愛と繁殖
用語解説
監訳者あとがき



主要論文

Hoso, M. (2017) Asymmetry of mandibular dentition is associated with dietary specialization in snail-eating snakes. PeerJ 5: e3011

Hoso, M. (2012) Cost of autotomy drives ontogenetic switching of anti-predator mechanisms under developmental constraints in a land snail. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 279(1748): 4811–4816.

Hoso, M. (2012) Non-adaptive speciation of snails by left-right reversal is facilitated on oceanic islands. Contributions to Zoology 81(2): 79–85.

Hoso, M., Kameda, Y., Wu, S. P., Asami, T., Kato, M. & Hori, M. (2010) A speciation gene for left-right reversal in snails results in anti-predator adaptation. Nature Communications 1: 133.

Hoso, M. & Hori, M. (2008) Divergent shell-shape as an anti-predator adaptation in tropical land snails. The American Naturalist 172(5): 726–732.

Hoso, M., Asami, T. & Hori, M. (2007) Right-handed snakes: convergent evolution of asymmetry for functional specialization. Biology Letters 3(2): 169–172.

ページの最初へ