袴田京太朗

はかまた・きょうたろう
HAKAMATA, Kyotaro

彫刻

Sculpture, Contemporary Art

教授

Professor

2001年4月着任
1963年静岡県生まれ
武蔵野美術大学造形学部
彫刻学科卒業

研究テーマ:

彫刻の可能性と不可能性。

'94年文化庁芸術家在外研修員として渡米。'96年五島記念文化賞美術新人賞受賞による海外研修として、中国、チベット、ネパールほかに滞在。
ヒルサイドフォーラム、ギャラリーαM、コバヤシ画廊、日本橋高島屋美術画廊X、静岡市美術館、アイショウミウラアーツ、MA2ギャラリーなどで個展を開催。'98年「VOCA '98」上野の森美術館、「アート/生態系」宇都宮美術館、'00年「プラスチックの時代」埼玉県立近代美術館、'01年「DOMANI・明日展2001」安田火災東郷青児美術館、「第19回現代日本彫刻展」宇部市野外彫刻美術館、'03年「越後妻有アートトリエンナーレ2003」、'04年「FLAG SHIP 2004」東京国際フォーラムエキジビションスペース、'07・'08・'10年「椿会展 Trans-Figurative」資生堂ギャラリー、'08−'09年「公開制作44/1000層」府中市美術館、'11年「As Long As Rainbow Lasts」SOKA Art Center(台北)、「うつしみ」MA2ギャラリー、'12年「Melting Zone」アートコートギャラリー、「The Power of Japanese Contemporary Sculpture」AKI gallery(台北)、「色めく彫刻」群馬県立館林美術館などに出品。
'12年第22回タカシマヤ美術賞、静岡県文化奨励賞受賞。
パブリックコレクション:宇都宮美術館、佐久市立近代美術館、横浜美術館、資生堂アートハウス、ファーレ立川ほか。

HAKAMATA, Kyotaro

Professor


The work I produce develops out of my thinking about the weakness of sculpture.
The weakness of sculpture is profoundly related to the ambiguous nature of things as both real and fake. Specifically, by incorporating ready-made products and everyday items in the creation of works, and by contemplating sculptural methods of reproduction, I address the hollow spaces inside things in my works, through which I hope to make tangible the fragile existence of things that are buried in the world of the everyday.
When sculpture, sharing the same space that we do, is able to exist as a kind of other that society cannot immediately grasp, then the weakness of sculpture is sure to relate directly to the human spirit.
2013098_01n.jpg

扮する人 展示風景

アクリル板 2012年
個人蔵 courtesy: MA2Gallery 撮影:加藤健


2013098_02.jpg

爆発ー大小

アクリル板 左70×42×3cm 右87×52×3cm 2012年
courtesy: MA2Gallery 撮影:加藤健


2013098_03.jpg

布袋と台座ー複製

アクリル板、置物(ブロンズ)、木、本 各120×56×42cm 2012年
写真提供:アイショウミウラアーツ 撮影:加藤健
ページの最初へ