後藤映則

ごとう・あきのり
GOTO, Akinori

映像表現、コンテンツ創造

専任講師

Senior Lecturer

2019年4月着任
1984年岐阜県生まれ
武蔵野美術大学造形学部
視覚伝達デザイン学科卒業

研究テーマ:

映像表現、コンテンツ創造、アートワーク。

武蔵野美術大学卒業後、株式会社乃村工藝社に13年間デザイナー・ディレクターとして在籍。数多くの大型商業施設、展示会や公共施設の映像演出、空間演出に携わる。
作家として個人活動を行っており、参加した主な展覧会に、アルスエレクトロニカフェスティバル(オーストリア)、SXSW Art Program(アメリカ合衆国)、THE ドラえもん展(全国巡回展)、STOP LICHT展(オランダ)、Media Ambition Tokyo(東京)、六本木アートナイト(東京)など。
受賞歴:Prix Ars Electronica Honorary Mentions、SXSW Art Selection、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品、日本サインデザイン賞 経済産業大臣賞・最優秀賞、MUSIC HACK DAY Tokyo グランプリ、グッドデザイン賞、DIGITAL ART AWARD 特別賞、SICF 準グランプリ・オーディエンス賞など。
イギリスのNational Media Museumやドイツのphaenoに自作がパブリックコレクションされている。
2019189_01.jpg

toki- BALLET #01

W600× D600×H150mm 2017年
©AKINORI GOTO


2019189_02.jpg

ENERGY #01

W2400× D2400×H2400mm 2017年
©AKINORI GOTO


2019189_03a.jpg

Rediscovery of anima

木 2018年
©AKINORI GOTO


2019189_03b.jpg

Rediscovery of anima

石、麻 2018年
©AKINORI GOTO
ページの最初へ