藤田尊潮

ふじた・そんちょう
FUJITA, Soncho

フランス文学

French Literature

教授

Professor

1991年4月着任
1958年東京都生まれ
早稲田大学大学院博士課程満期退学
パリ第4大学博士課程DEA

研究テーマ:

フランソワ・モーリアックおよびサン=テグジュペリ研究。

著書:『一冊で世界の名著100冊を読む』(共同執筆)友人社 '88年。『プチ・ロワイヤル和仏辞典』(執筆協力)旺文社 '93年。『パリのミュゼでフランス語!』白水社 '02年(共著)。『やさしくミュゼでパリめぐり』白水社 '05年(共著)。『「星の王子さま」を読む』八坂書房 '05年、『コクリコ』白水社 '10年。『サン=テグジュペリ—イメージの連鎖の中で』八坂書房、『モーリアック—文学と信仰のはざまで』八坂書房 '17年。
論文: "La Théologie de la grace chez François Mauriac" 日本フランス語フランス文学会(欧文)'93年ほか多数。
口頭発表:「フランソワ・モーリアックにおける神の恵みの神学」早稲田フランス文学会秋季大会 '88年11月26日。「F.モーリアックにおける神の恵みの神学—〈 conversion 〉に前後する一連の小説をめぐって」日本フランス語フランス文学会秋季大会 '91年10月27日。
訳書:『世界樹木神話』(共訳) '95年、『小さな王子』'05年、『画家は語る』'06年、『ギュスターヴ・モロー』'07年、『オディロン・ルドン』'08年、『19世紀の画家たち』'09年、『呪われた画家たち』'10年、『モンパルナスのエコール・ド・パリ』'13年、『トゥールーズ=ロートレック』'14年、『アンリ・ルソー』『パリの画家、1924』'15年、『ベル・エポック』'16 年、以上いずれも八坂書房。「はじめての哲学シリーズ」『愛すること』『生きる意味』'11年、『哲学してみる』(共訳)『よいことわるいこと』『神さまのこと』'12年、以上いずれも世界文化社。
編著:『マン・レイ 「インタビュー」』武蔵野美術大学出版局 '02年。『星の王子さまの教科書』武蔵野美術大学出版局 '07年。

FUJITA, Soncho

Professor


I study French literature, especially authors of the interwar period, with a focus on Francois Mauriac and Antoine de Saint-Exupery. Regarding Mauriac, I have employed the thematic method in writing about the natural imagery in his novels, particularly those written in the 1920s and 1930s. Regarding Saint-Exupery, I study the relationship between his life and work. My publications include a book titled Hoshi no ojisama wo yomu (Reading The Little Prince). As a French-language educator, I am constantly searching for the most appropriate textbooks for use at MAU. My other publications include Pari no myuze de furansugo! (Let’s Learn French in Paris Museums!), Yasashiku myuze de Pari meguri (An Easy Tour of Paris Museums), Hoshi no ojisama no kyokasho (The Little Prince Textbook), and, as editor, Man rei intabyu (Man Ray Interview).

フランソワ・モーリアック研究

2018107_01.jpg
モーリアック研究の分野でこれまであまり用いられてこなかった現代批評的アプローチテーマ批評の方法を用いて、多角的な考察を行っている。
主著『モーリアック — 文学と信仰のはざまで』八坂書房、2017年。『テレーズ・デスケィルゥ』を初めとする代表作を論の中心に据え、作家の信仰の不安と「回心」を軸に、隠れた「告解のテーマ」の存在を明らかにし、自然のイメージを通して想像世界の本質に迫ろうと試み。





サン=テグジュペリ研究

2018107_02.jpg
サン=テグジュペリは青年時代までは熱心なカトリック信者であり、後に信仰生活から離れたが、その作品世界はカトリック的土壌から生まれたものであるということを研究のテーマの中心に据えている。
主著『サン=テグジュペリ—イメージの連鎖の中で』八坂書房、2017年。サン=テグジュペリは人間関係を「絆」のイメージで描き出す。そして彼の自己実現のイメージは自己自身とその「絆」との「交換」であるということを論じている。





2018107_0304.jpg
また『「星の王子さま」を読む』(八坂書房、2005年)では『星の王子さま』の成立過程とテーマについて、サン=テグジュペリの遺作『城砦』との関わりを中心に論じている。『小さな王子』は『星の王子さま』新訳の試み。








「自作を語る画文集」シリーズ

2018107_05.jpg
画家が語る彼自身のことばを通して絵画を読み解く画文集。藤田によるテクストの編・訳書。八坂書房の提案で始まった企画で、現在も継続中。
著名な作家たちのことばを直接伝える貴重なインタビュー集。











2018107_06.jpg
ギュスターヴ・モローが書き残した資料を翻訳掲載するとともに、関連する作品を数多く取り上げている。











2018107_07.jpg
オディロン・ルドンの自伝『自分自身に』の翻訳と関連する作品を掲載。











2018107_08.jpg
トゥールーズ=ロートレックの『書簡集』の抄訳。











美術史関連翻訳書

『19世紀の画家たち』『呪われた画家たち』『モンパルナスのエコール・ド・パリ』『パリの画家 1924 』『ベル・エポック』など、19世紀末から20世紀初頭のパリを舞台に繰り広げられる画家たちの営みを活写した興味深い書籍。特に美術史家フロラン・フェルスの書物を翻訳刊行している。

2017107_09.jpg
2017107_10.jpg
2018107_11.jpg



オスカー・ブルニフィエ作、ジャック・デプレ画の絵本「はじめてて哲学」シリーズの翻訳書全5巻(世界文化社、2011年)

2018107_12.jpg
2018107_13.jpg
2018107_14.jpg



2018107_15.jpg
2018107_16.jpg



フランス語教科書

武蔵野美術大学にあったフランス語教科書が必要であるという観点から、やさしい文法・会話教科書『コクリコ』(白水社、2010 年)、「美術」をテーマに『パリの美術館』に取材した教科書『パリのミュゼでフランス語!』(白水社、2002 年共著)、『やさしくミュゼでパリめぐり』(白水社、2005年共著)を執筆している。また「中級フランス語」の教科書として『星の王子さま』に題材を採った『星の王子さまの教科書』(武蔵野美術大学出版局、2002 年)、写真家マン・レイのインタビューを編集、注解した「上級フランス語」購読用の教科書『マン・レイ「インタビュー」』(武蔵野美術大学出版局、2007 年)を執筆編纂している。

2018107_17.jpg

『コクリコ』

2018107_18.jpg

『パリのミュゼでフランス語!』

2018107_19.jpg

『やさしくミュゼでパリめぐり』



2018107_20.jpg

『星の王子さまの教科書』

2018107_21.jpg

『マン・レイ「インタビュー」』

ページの最初へ