青木俊介

あおき・しゅんすけ
AOKI, Shunsuke

ロボティクス

Robotics

教授

Professor

2021年4月着任
1978年千葉県生まれ
東華大学信息科学技術学院修了
学位:修士(工学)

研究テーマ:

「ロボティクスで、世界をユカイに。」というビジョンのもと、家庭向けロボット製品を数多く手がける。

東京大学在学中にチームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立(現代表取締役)。'15年よりグッドデザイン賞審査委員。'21年より本学教授。

家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」、共感するファミリーロボット「BOCCO emo」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、小さなしっぽクッション「Petit Qoobo」エデュケーションシリーズkurikit「ユカイな生きものロボットキット」などを発表。

AOKI, Shunsuke

Professor


Established teamLab while attending the University of Tokyo and became CTO. After that, I served as CTO of Pixiv, and founded the robotics venture “Yukai Engineering.” With the vision of “Robotics for Fun Living,” they work on a number of household robot products. Since 2015, I have been a member of the Good Design Award Jury, and became a professor at Musashino Art University in 2021.
Released “BOCCO” the communication robot that connects families, sympathetic family robot “BOCCO emo,” therapeutic cushion robot with a tail “Qoobo,” petit size tailed cushion “Petit Qoobo,” education series kurikit “create-a-critter robot kit,” and more.
2021197_01n.jpg

Petit Qoobo
小さくなった、心を癒やす、しっぽクッション(2020年発表)

Qoobo
しっぽのついたクッション型セラピーロボット(2017年発表)



2021197_02.jpg

BOCCO emo
あなたに共感する、未来のファミリーロボット(2020年発表)

BOCCO
家族をつなぐコミュニケーションロボット(2014年発表)



2021197_03n.jpg

ユカイな生きものロボットキット
エデュケーションシリーズkurikit(2019年発表)




2021197_04.jpg

konashi 3.0
フィジカル・コンピューティング・ツールキット(2018年発表)



2021197_05.jpg

codama
音声対話開発キット(2018年発表)



2021197_06n.jpg

necomimi
脳波で動く猫耳型コミュニケーションツール(2011年発表)



2021197_07.jpg

coconatch
ソーシャルロボット (2013年発表)







ページの最初へ