天野勝

あまの・まさる
AMANO, Masaru

ファッションデザイン

Fashion Design

教授

Professor

1991年4月着任
1953年大阪府生まれ
立教大学
セントマーティンズスクール
オブアート(英国)卒業

研究テーマ:

ファッションデザイン、ファッションブランドプロデュース、その他衣服と身体に関わるアートの研究。

「無印良品」衣料品デザイン及びディレクション、メンズニットウェアーブランド「M.AMANO」デザイン、日本ファッション振興財団主催「東京発信第三の波」作品発表、毎日新聞社主催ファッションデザイン大賞新人賞ノミネート、サービス用ユニフォームウェアー及びテニス、スキーウェアーブランド「M・A・P」デザイン、天野勝・山本篤子ジョイントコレクション(ロンドン、東京)、新潟県主催「新潟アジア文化祭」作品発表、メンズインナーウェアーブランド「CYBER GEAR」デザイン及びディレクション、レディースウェアーブランド「S・O・T・O」ディレクション、Live's新店舗(東京、京都)ディスプレイ用タペストリー制作、自社メンズウェアーブランド「TEN Studio Projects」デザイン及びディレクション、メンズインナーウェアーブランド「SaZ」ディレクション、カジュアルウェアーブランド「Steteco.com」ディレクション、その他ユニフォームデザイン、広告、舞台等のコスチュームデザインなど手がける。

http://www.saznet.jp/
http://www.steteco.com/
http://www.musabi.ac.jp/kuude/amano.html

AMANO, Masaru

Professor


I have worked as a freelance fashion designer for a long time, mainly for apparel from Muji (Ryohin Keikaku Co., Ltd.). I was involved in that brand as fashion director from 1982 to 2009. During that period, I focused consistently on “universalism” as a basic concept, and the key expressions in my design were always “be rooted in daily life, not swayed by fads,” “ordinary yet beyond,” and “old standards that evolve.” This has been my policy in other work as well. In my classes, meanwhile, I encourage students not to see fashion as simply bodily decoration or a temporary, ambiguous phenomenon, but to thoroughly study its essence to acquire deep insight into fashion.
2013005_01.jpg

SaZ メンズインナーウェアー

2012年 AD-山本寛 WD-堀口務 P-下村しのぶ

2013005_02n.jpg

TEN Studio Projects 秋冬コレクションより

2011年
2013005_03.jpg

Steteco.com

2011年


CYBER GEAR メンズインナーウェアー デビューカタログ

CYBER GEAR メンズインナーウェアー
デビューカタログ

1994年 AD-宇自可レイ GD-秋田寛 P-David LaChapell Client-(株)イソカイ
M.AMANO メンズニットウェアー デビューリーフレット005_6b.jpg

M.AMANO メンズニットウェアー
デビューリーフレット

1983年 CD-小池一子 AD-松永真 Client-(株)トップ


無印良品 衣料品カタログより

無印良品 衣料品カタログより

1984年
新潟アジア文化祭参加作品

新潟アジア文化祭参加作品

1994年 P-高木由利子

ページの最初へ