赤塚祐二

あかつか・ゆうじ
AKATSUKA, Yuji

絵画

Painting, Contemporary Art

教授

Professor

1996年4月着任
1955年鹿児島県生まれ
東京藝術大学大学院
美術研究科修士課程修了

研究テーマ:

私にとって魅力的な絵画。

コバヤシ画廊、ギャラリー米津、ギャラリー池田美術、村山画廊、鎌倉画廊などで個展を開催。'92年「ART TODAY '92展」セゾン現代美術館、「現代美術への視点・形象のはざまに」東京国立近代美術館、'94年「光と影―うつろいの詩学」広島市現代美術館、'95年「視ることのアレゴリー 1995:絵画・彫刻の現在展」セゾン美術館、'97年「ART28 '97」Messe Basel、「ART TODAY 1997 OPERA APERTA―開かれた作品の詩学」セゾン現代美術館、'99年「ポーランド・日本」富山県立近代美術館、「現代日本絵画の展望展」東京ステーションギャラリー、'01年「チバアートナウ'01 絵画の領域」佐倉市立美術館、「かたちを求めて―11人の日本作家」釜山市立美術館、'03年「絵画の力 80年代以降の日本の絵画」東京都現代美術館、'07年「絵画の現在」鹿児島市立美術館、「日本現代芸術祭」韓国ヘイリ芸術村、'12年「抽象と形態——何処までも顕われないもの」DIC川村記念美術館、などに出品。
パブリックコレクション:東京国立近代美術館、セゾン現代美術館、横浜美術館、東京オペラシティアートギャラリー、いわき市立美術館、府中市美術館、都城市立美術館、滋賀県立近代美術館、愛知県美術館、東京都現代美術館など。

AKATSUKA, Yuji

Professor


I aim to create paintings that are fresh. While working, I always think inside the frame and attempt to integrate elements as a painting. I basically use my body to paint and then look at what I have painted, seeking a sense of depth and the effects born of painterly elements and chance, and in the course of multiple iterations I discover the painting. This is an indirect method, but an effective one. Approaching a painting with any sort of preconception seems to actually make the target easier to lose. There is power in the instability that comes with distance, one that enables me to feel a motivation and compulsion to integrate unconnected elements. In guiding students, I engage them in repeated dialogue in the presence of their work. In doing so, I aim to foster in them both a deeper understanding of their own work and the ability to pursue independent research by themselves.
2013004_01n.jpg

赤い絵

oil on canvas 227×180cm
2010年
写真提供:ガレリア・フィナルテ
撮影:福岡栄


2013044_02n.jpg

another mountain 11

oil on canvas 227×182cm
2012年
写真提供:コバヤシ画廊
撮影:末正真礼生


ページの最初へ